コントラストAI/エコナビ搭載

パナソニック、低消費電力化を進めた19V型液晶“VIERA”「TH-L19C21」を発売

ファイル・ウェブ編集部
2010年09月16日
パナソニックは、液晶テレビ“VIERA”の19V型シンプルベーシックモデル「TH-L19C21」を10月8日に発売する。「エコポイント対象」製品として、より一層の低消費電力化を図った点が特徴だ。


TH-L19C21
価格はオープンだが、5万円前後での販売が予想される。本機は2月に発売されたC2シリーズの19V型「TH-L19C2」(関連ニュース)の後継機という位置づけ。カラーバリエーションはブラックのみ。

画面解像度は1,366×768画素。地上デジタル/アナログチューナーを搭載しており、HDMI端子は1系統を装備。「ビエラにリンク」機能に対応している。

「インテリジェント バックライト コントローラー」と「ダイナミック コントラスト エンハンサー」によって構成される「コントラストAI」の搭載により、立体感のあるクリアな映像が楽しめる。ユーザーの視聴環境や使用環境に応じて、テレビが本体や周辺機器の節電コントロールを自動で行う省エネ機能「エコナビ」にも対応する。定格消費電力を、前モデルのTH-L19C2で実現した42Wから、本機では32Wと、さらにエコ性能を高めた点が特徴だ。

【問い合わせ先】
パナソニック お客様ご相談センター
TEL/0120-878-365

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンル液晶テレビ(ディスプレイ)
  • ブランドPANASONIC
  • 型番TH-L19C21
  • 発売日2010年10月8日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格50,000円前後)
【SPEC】●サイズ:19V型(16対9) ●画素数:1,366×768画素 ●定格消費電力:32W(待機時 約0.3W) ●端子:HDMI×1、D4×1、ビデオ入力×2、ヘッドホン×1、LAN ●外形寸法:48.8W×35.9H×18.0Dmm (スタンドあり) ●質量:約 4.5kg(スタンドあり)

関連記事