ひかりTV対応機も

NEC、初のアクティブシャッターモデルなど3D PCラインナップ強化

ファイル・ウェブ編集部
2010年09月13日
NECは、PC“VALUESTAR”シリーズの新モデルを発表。9月16日から発売を開始する。

新製品のうち、3D対応製品のラインナップを、これまでの1モデルから3モデルへ拡大した。価格はすべてオープン。

“VALUESTAR W”「VW970/CS」“VALUESTAR N”「VN790/CS」では、立体視の実現に偏光板方式を採用。地上/BS/110度CSデジタルチューナーを内蔵している。またVALUESTAR Wは「ひかりTV」の視聴機能も備えている。

“VALUESTAR W”「VW970/CS」

“VALUESTAR N”「VN790/CS」

また“VALUESTAR L”「VL750/CS」は、NVIDIAの「3D Vision」アクティブシャッター方式に対応した3D表示機能を採用。立体視対応のPCゲームなども楽しめる。CPUはCore i7-870(2.93GHz)、メモリーは8GB、内蔵HDDは1TB。285,000円前後での販売が予想される。

“VALUESTAR L”「VL750/CS」は

3モデルともBlu-ray 3Dの再生に対応。また写真、DVDコンテンツの2D-3D変換機能も備えている。

【問い合わせ先】
NEC 121コンタクトセンター
TEL/0120-977-121

関連記事