Adobe RGB比約107%の広色域を実現

三菱電機、24.1型液晶ディスプレイ“Diamondcrysta Color”「RDT241」を発売

ファイル・ウェブ編集部
2010年08月17日
三菱電機(株)は、Adobe RGB比約107%の広色域を実現した印刷分野やデジカメユーザー向けの24.1型液晶ディスプレイ“Diamondcrysta Color”「RDT241」を9月1日より発売する。価格はオープンだが、10万円前後での販売が予想される。


“Diamondcrysta Color”「RDT241」
Adobe RGB比約107%(カバー率97%)の色域を実現し、DTPや写真・印刷分野での色管理に対応。また色調変化の少ないH-IPS液晶パネルを採用し、斜め方向から見た場合でも色調変化を少なくした。視野角は上下左右178度。

解像度は1,920×1,200ドット、輝度70〜300カンデラ、コントラスト比 900対1、応答速度5ms。

さらにハードウェアキャリブレーションソフト「EASYCOLOR!EXPERT」を標準同梱しており、設定モードの選択により市販の測色器を使用した色管理を簡単に行うことができる。

そのほか「12ビットガンマ機能」、表示される画像に応じて設定を選択できる「PICTURE MODE」などの機能を搭載する。

【問い合わせ先】
三菱電機株式会社 お買物相談窓口(ディスプレイ)
TEL/03-3424-9298

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンル液晶テレビ(ディスプレイ)
  • ブランドMITSUBISHI
  • 型番RDT241
  • 発売日2010年9月1日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格100,000円前後)
【SPEC】●サイズ:24.1V型 ●液晶方式:H-IPS、ノングレア ●画素数:1,920×1,200 ●視野角:左右178度/上下178度 ●輝度:70〜300カンデラ ●コントラスト比:900対1 ●応答速度:5ms ●消費電力:90W(標準) ●外形寸法:568W×402〜512H×220Dmm ●質量:約8.8kg

関連記事