10月1日に新会社設立

富士通と東芝、携帯電話事業統合で合意 − スマートフォン開発を強化

ファイル・ウェブ編集部
2010年06月17日
富士通(株)と東芝(株)は、携帯電話事業の統合で基本合意した。今後両社で具体的な検討を行い、7月末を目処に最終契約を締結する予定。

今回の合意では、10月1日に新会社を設立し、東芝の携帯電話事業を移管。富士通が新会社の株式の過半を取得する計画だ。

統合によって国内における携帯電話の開発基盤を強化し、競争力のある端末を開発し、国内シェアNo.1を目指す。またスマートフォン分野でも、東芝の開発力やノウハウを取り込み、競争力の高い製品をタイムリーに提供していく考えだ。

関連リンク

関連記事