3Dや「スマートファミリンク」にも対応

シャープ、ガラケー感覚のAndroidスマホ“AQUOS PHONE THE HYBRID”をソフトバンクから発売

ファイル・ウェブ編集部
2011年05月20日

Softbank 007SH
シャープ(株)は、本体にタッチパネル液晶とテンキーを搭載し、従来の携帯電話の感覚で操作できる使いやすさを訴求した“AQUOS PHONE THE HYBRID”「007SH」をソフトバンク向けに、6月中旬以降から展開する。


従来の携帯電話の操作感覚を実現
本体は折りたたみ式の、従来の携帯電話のデザインを採用しており、液晶部分はタッチパネル操作ができるほか、テンキーによるメールの文字入力や電話の応答も片手でスムーズに行える。カメラなどワンタッチで起動できるショートカットキーも備え、従来の携帯電話を操作する感覚で扱える使いやすさをアピールしている。OSにはAndroid 2.3を採用した。


本体は折り畳み可能、液晶部は回転可能なデザインとした
カメラ部は有効画素数1610万のCCDを採用し、画像処理エンジンには「ProPix」を搭載。液晶部は約3.4インチのサイズとし、854×480画素の表示に対応するNewモバイルASV液晶を採用。裸眼3D表示にも対応した。カメラではパノラマサイズ対応の「3D写真撮影」、高画質HDサイズ対応の「連写カメラ」が楽しめる。また1280×720画素の動画撮影にも対応する。

液晶テレビAQUOSやAQUOSブルーレイとWiFiで接続して、ホームネットワーク機能が利用できる「スマートファミリンク」にも対応。本機で撮影した写真や動画などをテレビで楽しんだり、BDレコーダーで録画した番組を離れた部屋で、スマートフォンから視聴することも可能だ。

その他、ワンセグ、おサイフケータイ、赤外線、デコレメなどガラケー機能も充実させている。本体はIPX7/IPX5規格に準拠する防水対応のほか、防塵対応も実現した。カラーバリエーションはミスティブルー/ボルドー/ホワイト/ブラックの4色。

関連記事