スカパー!HDや“VARDIA”との連携強化など

アイ・オー、NAS「LAN DISK AVシリーズ」「LAN DISKシリーズ」をアップデート

ファイル・ウェブ編集部
2010年04月28日

LAN DISK AVシリーズ「HVL4-G4.0」
(株)アイ・オー・データ機器は、DLNAやスカパー! HD録画などに対応した「LAN DISK AVシリーズ」と、「HDL2-S」など「LAN DISKシリーズ」のNAS製品についてそれぞれアップデートを実施。最新ファームウェアを同社サイトより配布開始した。

「LAN DISK AVシリーズ」では、スカパー!HD対応チューナーからアクセスがない場合に、自動的にハードディスクの回転を停止する省電力スタンバイモードに対応するなど各種機能を追加。スカパー!HDの視聴年齢制限コンテンツのカテゴリ表示にも対応する。

また、東芝製レコーダー“VARDIA”でのムーブ連帯も強化。ムーブを完了後に自動で電源をOFFにできるようにした。また、複数コンテンツの一括ムーブ操作にも対応する。

「LAN DISKシリーズ」では、同製品につなげた1台のUSB機器を無線LANで共有できるnet.USB機能をアップデート。新たに地デジ対応TVキャプチャ、DVDドライブに対応する。対象となる「LAN DISKシリーズ」製品は下記の通り。

・HDL2-Sシリーズ HDL2-S2.0 / HDL2-S3.0 / HDL2-S4.0
・HDLP-Gシリーズ HDLP-G250 / HDLP-G320 / HDLP-G500
・HDLP-Sシリーズ HDLP-S500
・HDL-Sシリーズ HDL-S500 / HDL-S1.0 / HDL-S1.5

【問い合わせ先】
アイ・オー・データ機器
インフォメーションデスク
TEL/03-3254-1076

関連記事