DLNAサーバ機能も搭載のハイCPモデル

日立、基本機能を充実させた“Wooo”HP05シリーズに42/32V型を追加

ファイル・ウェブ編集部
2010年03月15日
日立コンシューマエレクトロニクス(株)は、薄型テレビ“Wooo”「HP05」シリーズの新モデルとして、250GB HDDを内蔵したプラズマ/液晶テレビ2機種を4月17日から順次開始する。

【プラズマテレビ】
・「P42-HP05」¥OPEN(予想実売価格19万円前後)4月17日発売

【液晶テレビ】
・「L32-HP05」¥OPEN(予想実売価格14万円前後)5月中旬発売

P42-HP05

L32-HP05

同社は3月3日に、26V型の「L26-HP05」と22V型の「L22-HP05」を発売している。この液晶テレビ2モデルと合わせ、HP05シリーズは計4機種で展開されることになる。

P42-HP05、L32-HP05ともに地上/BS/110度CSデジタルチューナーを各2系統、地上アナログチューナーを1系統装備している。

P42-HP05はコントラスト比200万対1の「ダイナミック・ブラックパネル」を採用し、パネル解像度は1,024×768。

L32-HP05は新IPSαパネルを備え、解像度は1,366×768。パネルの前面処理はハーフグレアとなる。バックライトを適正化したエコパネルとすることで年間消費電力を抑えた点も特徴。

■内蔵HDDは250GB、iVDR-Sにも対応した録画機能

両機ともに250GBのHDDを内蔵し、HDトランスコード/トランスレート技術「XCodeHD」を採用。TSX8モードを用いた場合、HD画質のまま、DRモードの約8倍の長時間録画が行え、250GBの内蔵HDDに約200時間のハイビジョン録画が行える。

さらにiVポケットも装備。別売りのカートリッジ型HDD「iVDR-S」を購入し、iVポケットに挿入することで、録画時間を増やすことができる。またダビング10にも対応しているため、内蔵HDDとiVDR-S間で録画番組のコピー/ムーブが行える。

リモコンの録画ボタンを押すだけで録画を開始できるほか、録画中に録画ボタンをもう1回押すと、その番組の終了時に自動的に録画を停止する機能も備えている。さらに録画をしながら録りためた別の番組を再生する「同時録画再生」、番組録画を続けながら番組の最初から再生が可能な「追いかけ再生」にも対応している。

なお、HP05シリーズは、XP05シリーズが搭載した、NASに録画番組をダビングできる「AVネットワークダビング」機能や、録画した番組をフォルダに自動分類する「ワケ録」機能には対応していない。

■従来機の高画質化機能を踏襲

高画質化のための技術では、視聴環境に応じて最適な画質調整を行う「インテリジェント・オート高画質」を従来モデルから引き続き採用。本機能は省エネにも寄与し、画面に表示することができる「照明環境&エコ効果メーター」により、その効果を確認することが可能となっている。

また映像処理技術には「新 Picture Master Full HD」を搭載し、「アドバンスドダイナミックコントラスト」「3次元デジタルカラーマネージメント」「アドバンスドダイナミックエンハンサ」などにより高画質化を図っている。XP05シリーズの超解像技術は搭載していない。

なお本シリーズはHDMI端子からの1080p入力にも対応。1080/24pの入力も行え、フィルムソース特有のジャダーを再現する「シネマスキャン」機能も備えている。

■アクトビラやDLNAサーバにも対応した充実のネットワーク機能

ネット関連機能はフラグシップのXP05シリーズ並みに充実している。アクトビラのサービスにフル対応し、「アクトビラ ビデオ・フル」や「アクトビラ ビデオ・ダウンロード」などが利用できる。さらにYahoo! JAPANのテレビ向けサービス「テレビ版Yahoo!JAPAN」の「動画チャンネル」にも新たに対応した。

そのほか、携帯電話からメールを送るとテレビに伝言板として表示される「メッセージボード・サービス」機能、PCや携帯電話からサーバーにアップロードした映像や静止画を、メールを開封することでかんたんに閲覧できる有料サービス「ビデオdeメール」機能にも対応している。

またネットワーク機能では、DLNAに準拠した「AVネットワーク」に対応。DLNA対応のPCやレコーダー内のコンテンツをネットワークで接続した本シリーズで再生するクライアント機能を備えていることはもちろん、Woooに録画した番組を、別室のAVネットワーク対応Woooなどで再生できるサーバー機能も装備。録画テレビでDLNAのサーバー機能を備えているのはWoooだけとなる。

HDMI入力端子は両機ともに3系統。HDMI-CEC機能「Woooリンク」に対応しているほか、InstaPortも採用し、あらかじめHDMI接続機器間の認証を行っておくことで、HDMI入力の高速切り替えが可能となる。またSD/SDHCメモリーカードスロットも備え、メモリーカード内の写真のスライドショー再生ができるほか、AVCHD規格に準拠した動画の再生も行える。

関連記事