端末メーカーなどの詳細後日発表

KDDIからもAndroidケータイ発売へ − 今年6月以降に登場予定

ファイル・ウェブ編集部
2010年02月17日
KDDI(株)および沖縄セルラー(株)は、個人ユーザー向けにAndroid OSを搭載したスマートフォンとWindows OSを搭載したスマートフォンを、今年6月以降に発売することを明らかにした。端末の発売にあわせ、同社お薦めのアプリケーションなどを集めた新たなアプリマーケットの提供も開始する。

Googleの「Androidマーケット」に加え、同社が開設するアプリマーケットも利用できるとのこと。ユーザーの好みに合わせたアプリの提案や、ジャンル別お薦めアプリ紹介などが実施されるという。また8月以降は、KDDIが情報料の回収を代行してのアプリ購入も可能になる予定。安全性確保のため、コンテンツプロバイダー向けのセキュリティチェック機能も用意されるとのことだ。

KDDIは2009年5月に法人向けスマートフォン「E30HT」を発売して以来ラインナップの拡充がなく、ユーザーからは乗り遅れを指摘する見方も出ていたが、昨今のスマートフォンブームに乗った格好だ。なお、Androidフォンの端末メーカーなどは不明。詳細は追って発表される。

関連記事