一部ハイビジョンでの配信作も

ひかりTVにて「仁義なき戦い」など東映名画がVOD配信開始 − 計25作品、今後も拡充予定

ファイル・ウェブ編集部
2010年01月28日
(株)NTTぷららは、同社が運営する「ひかりTV」にて、2月1日より東映の名作映画をVOD配信する。

配信されるタイトルは市川右太衛門主演の『旗本退屈男』をはじめ、高倉健主演の『網走番外地』や深作欣二が監督をつとめた『仁義なき戦い』などの任侠映画、サスペンス超大作『新幹線大爆破』、近年の話題作『バトル・ロワイアル』『陽はまた昇る』など計25作品。そのうち『女囚701号さそり 仁義なき戦い』など12作品は1440×1080のハイビジョン作品として提供するとのこと。今後は、30作品程度の東映の名作映画をご用意し、毎月5作品を更新していく予定だという。

配信は、「お値うちプラン」もしくは「ビデオざんまいプラン」に加入している視聴者が、月額基本料金内で視聴できる「ベーシック見放題」として提供される。同プランに加入していない視聴者も、オプション料金(各作品315円/72時間)で視聴が可能だ。

配信作品の詳細はこちらをご覧頂きたい。
  • トピック
  • VOD

関連記事