高画質で省エネな“ベストポジションモデル”

シャープ、「ムーブセンサー」で省エネ性能を高めた“LED AQUOS” Sシリーズを発売

ファイル・ウェブ編集部
2010年01月28日
シャープ(株)は、LEDバックライトを搭載した“LED AQUOS”の第2弾モデルとして、「ベストポジションモデル」と位置づけるSシリーズを2月15日から順次発売する。

52/46V/40V型の「SE1ライン」は120Hz駆動のフルHDパネル、32V型の「SC1ライン」は1,366×768の非倍速パネルを搭載する。全機種がLED AQUOS LX1ラインと同様のUV2Aパネルを採用している。チューナーは地上/BS/110度CSデジタルチューナーと地上アナログチューナーを各1基搭載している。

発売する製品の型番、価格、発売日は以下の通り。

・「LC-52SE1」¥OPEN(予想実売価格35万円前後)2月15日発売
・「LC-46SE1」¥OPEN(予想実売価格28万円前後)2月15日発売
・「LC-40SE1」¥OPEN(予想実売価格18万円前後)2月15日発売
・「LC-32SC1」¥OPEN(予想実売価格11万円前後)2月20日発売

LC-52SE1

LC-46SE1


LC-40SE1

LC-32SC1

カラーバリエーションは、52/46V型はブラック(-B)とホワイト(-W)の2色、40/32V型はブラック(-B)、ホワイト(-W)、レッド(-R)の3色をそれぞれ用意する。

■LX1ラインの高い画質を継承

SシリーズのAQUOSラインナップ中の位置づけは、前述したとおり「ベストポジションモデル」で、LEDバックライトやUV2Aパネルといった“LED AQUOS”第1弾モデル、LX1ラインの特徴を引き継ぎながら、省エネ機能を充実させ、さらに手頃な価格帯も同時に実現した。

画質については、基本的にLX1ラインと同等。同社が開発した光によって液晶分子を配向させる新液晶パネル「UV2A」を採用したほか、バックライトには直下型の白色LEDを採用。ローカルディミングは行わないが、このパネルとバックライトの組み合わせにより、テレビコントラスト比は200万対1を実現している。

さらに50/46/40V型のSE1ラインは、同社従来機で定評のある映像処理エンジン「AQUOS高画質マスターエンジン」を引き続き搭載。動きのある映像をクリアに見せる「Wクリア倍速」、液晶パネルの駆動とLEDバックライトの発光タイミングを合わせ、ラインごとに高精度に黒挿入する「スキャン倍速」を組み合わせ、動画ボケを低減している。ほかに「なめらか高画質」機能も高画質化に寄与している。なお映像信号のコントラストや色、ノイズ感などを自動調整する「アクティブコンディショナー」については、32V型を含む全機種が採用している。

そのほか、LX1ラインで搭載された「好画質センサー」機能も継承。AVポジションを「ぴったりセレクト」に設定すると有効となる。本体前面に白熱灯や蛍光灯、外光、暗室などの状態を自動判別するRGBセンサーを備えており、さらに視聴中のソースの種類も加味して映像や音声を自動調整する。さらに、かんたんな質問に答えるだけで、その人に合った画質や音声に自動設定する機能も備えている。

音質面では、フルデジタル1ビットアンプを備えていることはもちろん、φ6.5cmの円形スピーカーを2個装備。同社の従来モデルでもおなじみの、側面にバスレフポートを備える「サイドポートバスレフ」方式を採用している。機能面では、CMと番組の音量差を抑える「CMオートボリューム」も搭載している。

「サイドポートバスレフ」方式を採用

■細かな設定が可能な「ムーブセンサー」でさらなる省エネ化

Sシリーズでは、広開口率パネルの採用と、LEDバックライトを搭載したことで、同社のCCFLバックライト搭載モデルに比べ、さらなる消費電力の削減を実現。従来のDS6ラインと比べると、年間消費電力量は52/46V型モデルの場合で約4割ほど低くなっている。

省エネ関連のトピックはこれだけにとどまらない。Sシリーズでは新たに人を検知する「ムーブセンサー」を搭載した。画面下部中央に内蔵したセンサーによって人の動きを検知。テレビの前から人が離れたり、寝たりすると自動的に節電モードに切り替わり、一定時間が経過したあとに電源をオフにする機能だけでなく、部屋が暗くなると明るさセンサーが感知してテレビの電源を自動的にオフにする「照明オフ連動」機能も備えている。

画面下部の中央に「ムーブセンサー」を搭載

ムーブセンサーの設定画面

ムーブセンサーの設定はきめ細かく設定が可能で、たとえば節電モードは映像のあり/なしを選択できる。また節電画面への移行時間も1/5/30分の3段階から選択できる。なお、出荷時のムーブセンサー設定はオフになっている。

また「照明オフ連動」についても、デフォルト設定はオフになっている。周囲が暗くなったときにすぐに電源を落とす設定のほか、電源をオフにするまでの時間はムーブセンサー設定とは別に設定することができる。また、設定を「ムーブセンサー連動」にしておけば、部屋の照明が消えても、テレビの前に人が入る場合は電源はオンのまま維持される。

照明オフ連動では、「ムーブセンサー連動」も選択できる

なお、ムーブセンサーの公称検知範囲は半径約3m、横方向約90度、縦方向約40度だが、実際にはもっと広い範囲での検知が行える可能性があるという。

さらに、リモコンの上部に緑色の「セーブモードボタン」も新たに用意。このボタンを押すと、消費電力を抑えたモードに自動的に切り替わる。

リモコン上部に「セーブモード」と後述する「常連番組」ボタンを新設

手に馴染みやすいフォルムのリモコン

■好みの番組やジャンルを学習する「常連番組」機能

機能面も進化。リモコン最上部に「常連番組ボタン」が新設され、これを押すと普段よく見る番組に自動的に選局する。常連番組は、視聴中の番組のEPG番組情報とジャンルのデータを過去1週間分以上蓄積し、これを独自のアルゴリズムによって解析して選び出す。EPGにも左端に「常連番組」を表示することができ、好みの番組を見逃さずに済むように工夫されている。ただし常連番組は、地上デジタル、BSデジタルなどの放送波ごとに選択/表示されるので、放送波をまたいで常連番組を一覧表示することはできない。

EPG画面。左端に「常連番組」列を表示させることができる

また「常連番組起動」という機能も用意。文字通り、電源ボタンを入れると常連番組を自動的に表示するというもので、たとえば前回の電源オフ時に外部入力にしていた場合でも、自動的に常連番組が選択される。

さらに、前述のムーブセンサーを利用した機能として、「オートクイック起動」も新たに搭載。ムーブセンサーが人を検知すると自動的に「クイック起動」モードになり、電源ボタンを押した際に、通常7〜8秒で起動するところを、約2秒程度まで短縮することができる。

クイック起動設定で「オートクイック起動」を選択することも可能になった

そのほか、HDMI端子は3系統3端子で、バージョンは1.4。HDMI 1.4の新機能である「コンテンツタイプ連動」に対応し、対応機器から入力したコンテンツのタイプを自動判別し、最適な映像/音声に自動で切り替えることができる。なお、HDMIは全機種が1080/60p、1080/24pの入力が行えるほか、同社のレコーダーやシアターラックの操作用パネルを画面に表示でき、テレビのリモコンで様々な操作が行える「AQUOSファミリンクII」にも対応している。

【問い合わせ先】
お客様相談センター
TEL/0120-001-251

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンル液晶テレビ(ディスプレイ)
  • ブランドSHARP
  • 型番LC-52SE1
  • 発売日2010年2月15日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格350,000円前後)
【SPEC】●画面サイズ:52V型 ●パネル画素数:1,920×1,080 ●テレビコントラスト:200万対1 ●視野角:上下176度、左右176度 ●入出力端子:HDMI入力3、D5映像入力2、S2映像入力1、ビデオ入力3、アナログRGB入力1、モニター出力1、ヘッドホン出力1、光デジタル出力1 ほか ●消費電力:150W ●年間消費電力量:133kWh/年 ●外形寸法:1255W×832H×328Dmm(テーブルスタンド装着時)
  • ジャンル液晶テレビ(ディスプレイ)
  • ブランドSHARP
  • 型番LC-46SE1
  • 発売日2010年2月15日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格280,000円前後)
【SPEC】●画面サイズ:46V型 ●パネル画素数:1,920×1,080 ●テレビコントラスト:200万対1 ●視野角:上下176度、左右176度 ●入出力端子:HDMI入力3、D5映像入力2、S2映像入力1、ビデオ入力3、アナログRGB入力1、モニター出力1、ヘッドホン出力1、光デジタル出力1 ほか ●消費電力:133W ●年間消費電力量:118kWh/年 ●外形寸法:1118W×754H×328Dmm(テーブルスタンド装着時)
  • ジャンル液晶テレビ(ディスプレイ)
  • ブランドSHARP
  • 型番LC-40SE1
  • 発売日2010年2月15日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格180,000円前後)
【SPEC】●画面サイズ:40V型 ●パネル画素数:1,920×1,080 ●テレビコントラスト:200万対1 ●視野角:上下176度、左右176度 ●入出力端子:HDMI入力3、D5映像入力2、S2映像入力1、ビデオ入力3、アナログRGB入力1、モニター出力1、ヘッドホン出力1、光デジタル出力1 ほか ●消費電力:110W ●年間消費電力量:107kWh/年 ●外形寸法:978W×668H×293Dmm(テーブルスタンド装着時)
  • ジャンル液晶テレビ(ディスプレイ)
  • ブランドSHARP
  • 型番LC-32SC1
  • 発売日2010年2月20日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格110,000円前後)
【SPEC】●画面サイズ:32V型 ●パネル画素数:1,366×768 ●テレビコントラスト:200万対1 ●視野角:上下176度、左右176度 ●入出力端子:HDMI入力3、D5映像入力2、S2映像入力1、ビデオ入力3、アナログRGB入力1、モニター出力1、ヘッドホン出力1、光デジタル出力1 ほか ●消費電力:60W ●年間消費電力量:65kWh/年 ●外形寸法:780W×556H×246Dmm(テーブルスタンド装着時)

関連記事