2月より米国で発売

米Ultimate Ears、アーマチュアドライバー6基搭載のカスタムイヤーモニター最上位「UE 18 Pro」を発売

ファイル・ウェブ編集部
2010年01月15日
米Ultimate Earsは、同社として初めて、片チャンネルあたり6基のバランスド・アーマチュアドライバーを搭載したカスタムイヤーモニター最上位モデル「Ultimate Ears 18 Pro Custom Monitor(UE 18 Pro)」を、2月初旬より1,350USドルで発売する。


Ultimate Ears 18 Pro Custom Monitor
UE 18 Proは、各人の耳の形状にあわせて個別にチューニングされた6個のバランスド・アーマチュア型ドライバーを備えた、独自の6スピーカーデザインを採用。高い装着感とアンビエントノイズ(周辺雑音)を26dBまで低減させたのが特徴。プロ向けのイヤーモニターとして、またオーディオファイル向けに販売する。アンビエントノイズ機能はオプションで、搭載には50USドルの追加料金がかかる。※初出時、アンビエントノイズ機能に関する記載に誤りがありました。お詫びして訂正致します。

周波数特性は20Hz〜18kHz、入力感度は110.6dB(1 kHz)、インピーダンスは21Ω(1kHz)、ノイズアイソレーションは-26dB。

「アコースティックチューニング」「エレクトリックチューニング」「トリプルサウンドチャンネル」「最新の低歪みケーブル」という4つの技術を組み合わせ、伸びのある高音域、パワフルな低音といった、Ultimate Ears製品ならではのサウンドを実現しているという。さらに各チャンネルにはアコースティックチューニングを行うインフィルターを搭載し、各音域をバランスよく別々に出力。筐体ではなく耳の中で各音域をバランスよくブレンドするとしている。

国内でUltimate Earsブランドの販売を行う(株)ロジクールによると、現在日本国内での販売予定はないとのこと。購入希望者は、日本で専門のオーディオロジストに相談して耳と外耳道の型を取り、完成した耳型をUltimate Ears本社に送付すれば、国内でも入手することができるという。ただし、購入に関するやりとりはすべて英語となる。なお1,350USドルは製品の販売価格で、耳型の制作費用は別途必要となる。

入力端子は3.5mmの金メッキステレオミニジャックを採用。ケーブルの長さは121cm。別売りの延長ケーブル(162cm)も装着可能だ。

【問い合わせ先】
ロジクール・カスタマー・リレーションセンター
TEL/050-3786-2085
新着記事を見る
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドUltimate Ears
  • 型番Ultimate Ears 18 Pro Custom Monitor
  • 発売日2010年2月初旬
  • 価格$1350
【SPEC】●ドライバータイプ:6 バランスド アーマチュア ●周波数特性:20 Hz - 18,000 Hz ●入力感度: 110.6 dB @ 1 kHz ●インピーダンス:21 ohms @ 1 kHz ●ノイズアイソレーション(遮音性):-26 dB ●標準ケーブル長: 121cm、延長ケーブル長: 162cm(別売) ●入力端子:3.5mmステレオミニ(金メッキ) ●質量:28g

関連記事