「x-Pict Story」を無償提供

ソニー、SDメモリーカードを国内でも発売 − TransferJet対応メモステ導入も

ファイル・ウェブ編集部
2010年01月12日
ソニーは、SD/SDHCメモリーカード5機種、microSD/microSDHCメモリーカード3機種を1月29日に発売すると発表した。

『SF-32N4』(32GB)

『SF-32N4』のパッケージ

同社は先日米国で開催された2010 International CESにおいて、SDメモリーカードおよびSD対応のサイバーショット/ハンディカムを発表した(関連ニュース)。今回、国内でもSDメモリーカードの発売がアナウンスされたことで、国内でのSD対応サイバーショット/ハンディカム発表も間近に迫っているものと予想できる。

今回のSDメモリーカード発売について同社は、「ソニーのメモリーカード商品をより幅広いお客様に提供するため、SDメモリーカードシリーズを含めて商品構成の拡充を図ることにした」と説明。メモリースティックについては、「TransferJetの機能を搭載したモデルをはじめ高性能で付加価値の高い商品の導入を検討しており、記録するだけではない新たな利便性を広げる」と述べている。

SD/SDHCメモリーカードは2GB/4GB/8GB/16GB/32GBの5製品で、いずれもスピードクラスはクラス4。容量と型番、予想実売価格は以下の通り。

・『SF-2N1』(2GB)  1,800円前後
・『SF-4N4』(4GB)  3,000円前後
・『SF-8N4』(8GB)  5,500円前後
・『SF-16N4』(16GB)  10,000円前後
・『SF-32N4』(32GB)  20,000円前後

microSD/microSDHCカードは2GB/4GB/8GBの3製品をラインナップ。4GB/8GBモデルはクラス4に対応している。容量と型番、予想実売価格は以下の通り。

・『SR-2A1』(2GB)  1,700円 前後
・『SR-4A4』(4GB)  2,800円 前後
・『SR-8A4』(8GB)  5,500円 前後

『SR-8A4』(8GB)

また今回の発表に合わせて同社は、データ復旧ソフトウエア「Memory Card File Rescue」、写真からビデオクリップを自動作成するソフトウエア「x-Pict Story for Memory Card」の無償ダウンロード提供を開始すると発表した。1月29日からダウンロードが可能になる予定。

「Memory Card File Rescue」はメモリースティック向けにも無償ダウンロードで提供しているソフトウエアで、消してしまった写真データや、読み出しができなくなったデータを復旧するもの。

「x-Pict Story for Memory Card」は、デジカメで撮影した写真からエフェクトやBGMつきのビデオクリップを簡単に作ることができる同社独自のソフト。同ソフトはメモリースティック向けにも無償ダウンロード提供を行う。
新着記事を見る
  • ジャンルSDメモリーカード
  • ブランドSONY
  • 型番上記参照
  • 発売日2010年1月29日
  • 価格上記参照

関連記事