新開発の約1610万画素CMOSセンサー搭載

キヤノン、プロ用デジタル一眼レフのフラグシップ「EOS-1D Mark IV」を発売

Phile-web編集部
2009年10月20日
キヤノンは、プロ用デジタル一眼レフカメラのフラグシップモデル「EOS-1D Mark IV」を12月下旬に発売する。価格はオープンだが、570,000円前後での販売が予想される。ボディ単体のみで販売される。


EOS-1D Mark IV
撮像素子に新開発の約1610万画素CMOSセンサー(APS-Hサイズ)、画像処理エンジンにDIGIC 4を2基装備した「デュアル DIGIC 4」を搭載。ISO感度は常用設定で100から12800までに拡大したほか、感度拡張機能によりISO50から102400までの設定が可能だ。

AF性能を強化したのも特徴で、F2.8対応のクロス測距センサーを39点に配置した総測距点数45点の新開発AFセンサーを搭載し、被写体の捕捉率とピント合わせの精度を大幅に向上させたとしている。また新アルゴリズム「AIサーボAF II」も採用した。

そのほか最高で約10コマ/秒の高速連写機能や、60p対応のフルHD動画撮影機能「EOSムービー」にも対応している。

【問い合わせ先】
キヤノンお客様相談センター
TEL/050-555-90002

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルデジタルスチルカメラ/静止画編集
  • ブランドCANON
  • 型番EOS-1D Mark IV
  • 発売日2009年12月下旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格570,000円前後)
●撮像素子:約1610万画素CMOSセンサー ●画像処理エンジン:デュアル DIGIC 4 ●ISO感度:100-12800(常用ISO感度) ●ディスプレイ:3.0型クリアビュー液晶 II ●電源:バッテリーパック LP-E4、1個 ●外形寸法:156W×156.6H×79.9Dmm ●質量:約1180g(本体のみ)

関連記事