発煙・発火に至る可能性

東芝、“ポータロウ”「SD-P120DT」一部バッテリーパックの不具合を発表 - 無償交換を実施

Phile-web編集部
2009年10月15日

SD-P120DT
(株)東芝は、DVDプレーヤー内蔵の携帯型液晶テレビ“ポータロウ”「SD-P120DT」(関連ニュース)について一部のバッテリーパックにおいて発煙、発火に至る可能性があると発表。対象製品の無償交換を実施する。

対象となるのは、2007年12月から2008年10月までの間に製造された製品で、対象バッテリーパックの製造ロット番号は「200712001」から「200810999」まで。

同社では、対象製品を使用しているユーザーに対してバッテリーパックの無償交換を行う。交換においては、同社指定の配送会社から交換用のバッテリーパックが配送され、同時に現在ユーザーが使用中のバッテリーパックを回収する。なお、バッテリーパックの発送・交換は10月下旬以降を予定している。

【問い合わせ先】
バッテリーパック交換 お問い合わせ窓口
TEL/0120-887-709

関連リンク

関連記事