東芝、無線LAN機能搭載の“gigabeat”Tシリーズ2機種を発売

2007年08月28日
(株)東芝は、ポータブルプレーヤー「gigabeat」の新モデルとして、無線LAN機能を搭載した「Tシリーズ」を9月7日より順次発売する。ラインナップと各製品の詳細は以下のとおり。

■gigabeat T401S 9月7日発売 ¥OPEN(予想実売価格24,800円前後)
■gigabeat T401 10月5日発売 ¥OPEN(予想実売価格29,800円前後)

“gigabeat”Tシリーズ(ブラック)

“gigabeat”Tシリーズ(レッド)

“gigabeat”Tシリーズ(ホワイト)

T401はIEEE802.11b/gに準拠した無線LAN機能を搭載し、カラーはブラックのみを用意。PCを介さず無線LANのアクセスポイントに接続し、ポッドキャストを利用することが可能だ。

T401SはT401から無線LAN機能を省いたモデルとなり、ブラック/ホワイト/レッドの3色を用意する。

両機種とも4GBのフラッシュメモリーを内蔵。画面サイズ2.4インチ、解像度320×240のTFTカラー液晶ディスプレイを搭載している。対応OSはWindows Vista/XPで、再生可能なオーディオフォーマットはWMA/WMA 9 Lossless/MP3/WAV。DRM付きの音楽データにも対応する。なおJPGの静止画表示も可能だ。

本体内部にマグネシウム合金フレームを使用することにより、軽量かつスリムなボディを実現。また、独自の高音質化技術「新H2Cテクノロジー」を採用し、自然でクリアな音楽再生を楽しめる。高域を独自のアルゴリズムで補完し、中音域から高音域まで自然な音質で再現する「Professionalモード」のほか、高音域補完に加えて低音域を強調する「Dynamicモード」の選択が可能だ。


【問い合わせ先】
モバイルAVサポートセンター
TEL/0570-05-7000

(Phile-web編集部)
新着記事を見る
  • ブランドTOSHIBA
  • 型番MET401S
  • 発売日2007年9月7日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格24,800円前後)
【SPEC】【SPEC】●対応オーディオフォーマット:WMA、WMA 9 Lossless、MP3、WAV ●対応静止画:JPEG ●記録媒体:4GBフラッシュメモリー ●サンプリング周波数:8kHz〜48kHz ●連続再生時間:オーディオ→約16時間、ビデオ→約5時間 ●ディスプレイ:2.4型QVGA TFTカラー液晶 ●電源:内蔵リチウムイオン電池、USB充電 ●外形寸法:54.0W×85.6H×9.9Dmm ●質量:約58g
  • ブランドTOSHIBA
  • 型番MET401
  • 発売日2007年10月5日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格29,800円前後)
【SPEC】●無線LAN:準拠規格:IEEE802.11b/g ●対応オーディオフォーマット:WMA、WMA 9 Lossless、MP3、WAV ●対応静止画:JPEG ●記録媒体:4GBフラッシュメモリー ●サンプリング周波数:8kHz〜48kHz ●連続再生時間:オーディオ→約16時間、ビデオ→約5時間 ●ディスプレイ:2.4型QVGA TFTカラー液晶 ●電源:内蔵リチウムイオン電池、USB充電 ●外形寸法:54.0W×85.6H×9.9Dmm ●質量:約58g

関連記事