マクセル、京セラと“京都オパールヘッドホン"を共同開発 − 11月に発売へ

Phile-web編集部
2009年09月29日
日立マクセル(株)は、京セラ(株)の装飾用素材「京都オパール」を使用したイヤホン“京都オパールヘッドホン"を共同開発した。発売は11月下旬を予定しており、価格や製品詳細は未定。


京都オパール
「京都オパール」は京セラが天然オパールと同一の石英粒子をもとに独自の宝石合成技術により育てている人工のオパール。オパール独特の遊色効果や多彩な色合いなどの魅力を備えつつ、天然では難しい自由度の高いデザイン加工が可能だという。

本製品では、ヘッドホン外部のプレート部分にほどこした「朧月」と「桜」のモチーフに「京都オパール」を組み合わせることで、“悠久の美”“七彩の輝き”を持つ京都オパールの幻想的なイメージを引き立てるデザインとしている。


京都オパールヘッドホン
カラーバリエーションは、「胡粉(ごふん)」「虹色(にじいろ)」「露草色(つゆくさいろ)」「唐紅花(からくれない)」の4色で展開する。

【問い合わせ先】
日立マクセル(株)
お客様ご相談センター
TEL/03-5213-3525

関連リンク

関連記事