CoverFlowにも対応

B&W、小型化しデジタル接続にも対応したiPodシステム「Zeppelin Mini」を発表

Phile-web編集部
2009年09月16日
B&Wは、本国の公式サイトでiPodオーディオシステムの新製品「Zeppelin Mini」を発表した。国内輸入代理店のマランツ コンシューマー マーケティングでは「国内の販売については未定」とコメントしている。

「Zeppelin Mini」

使用イメージ

同社が販売中の「Zeppelin」を小型化した新モデルで、iPod touch/classic/nanoの再生と充電が可能。またiPhone 3G/3GSとの互換性も備えている。ただし第3、第4世代iPod nanoなどiPodの初期モデルは再生のみに対応し、充電は行えない。

本体上部にはドッキングアームを備え、iPodを装着できる。この際、iPodからの音声データをデジタルのまま本機に入力することが可能。さらに本機ではアームを回転させ、iPodを水平位置に固定することができるようになった。これによりiPodの表示モードをCoverFlowにして使用することが可能。

また背面にはUSB端子と外部入力端子を備え、PCやMac、DAPなどiPod以外の機器の音声も再生することができる。iTunesとの同期機能も備えている。

アンプはデジタルアンプで、出力は18W×2。スピーカーユニットは75mmのフルレンジを搭載する。バスレフポートは同社製品でおなじみのフローポートを採用している。

関連記事