パイオニア、10月1日付で組織変更 − コスト最小化や経営スピード向上を図る

Phile-web編集部
2009年09月15日
パイオニア(株)は、10月1日付けで組織変更を行う。これは先日開かれた第1四半期連結業績説明会にてアナウンスされていたもの(関連ニュース)。

コストの最小化を追求するため各事業の共通機能を横串で統合し、効率化を図るほか、事業本部制を廃止し事業単位を細分化することで、それぞれの顧客やビジネスプロセスにあわせ市場、環境の変化への対応スピードを速められる体制を作る。

ホームエンタテインメントビジネスグループと、モーバイルエンタテインメントビジネスグループを解散。事業の単位を細分化し、以下の事業部門を設置。
・カー市販事業部
・カーOEM事業部
・ホームAV事業部
・プロSV事業部
・ケーブルネットワーク事業部
・CSV部

またコーポレートクリエイティブセンターを解散し、デザイン機能をデザイン部として独立。宣伝機能は国内販社に移管し、ブランド戦略機能は経営戦略部に統合する。

そのほか経営戦略部の機能拡充や、人事などの機能を統合した人事総務部の新設などを行い、経営スピードの向上やコストの最小化を図るなど、大幅な組織変更を実施する。

今回の改革により、中期経営計画の実行・達成のためコストミニマムの体制を作ること、事業軸での事業スピードの確保、機能軸での全体最適なオペレーションの実行、そして次の成長に向けた準備態勢の構築を目指す。

関連記事