HOME > ニュース > ソニー、ポータブルナビ“nav-u”に6.1V型の大画面モデル「NV-U3DV」を追加

詳細地図エリアも2倍以上に

ソニー、ポータブルナビ“nav-u”に6.1V型の大画面モデル「NV-U3DV」を追加

2009/07/22 Phile-web編集部
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
ソニーは、ポータブルナビ“nav-u”の6.1V型ワイド液晶を搭載した大画面モデル「NV-U3DV」を8月11日より発売する。価格はオープンだが、65,000円前後での実売が予想される。

NV-U3DV

地図を表示したところ


機体上部の様子

機体底面の様子

本機は、吸盤を使用して自動車のダッシュボードなどに取り付けるタイプのカーナビゲーションデバイス。画面サイズが4.8V型だった「NV-U3V」(関連ニュース)から大画面化を図ったほか、市街詳細地図の搭載エリアを約2.5倍に増やすなどの機能強化が施されている。

市街詳細地図の搭載エリアを従来機から約2.5倍に増やしている

6.1V型の透過型TN液晶パネルを搭載と、フルナビと同等の画面サイズを実現した点が最大の特徴。3.5V型の「NV-U3C」(関連ニュース)と4.8V型の「NV-U3V」、そして本機と、コンパクトモデルから大画面モデルまでがラインナップとして揃った。

従来機とのサイズ比較

液晶の解像度は400×240ドットのWQVGAで、4GBメモリーを内蔵。独自の自立航法機能「ポジションプラスG」や交差点拡大表示機能を搭載するなど、基本的な仕様は「NV-U3V」から引き継いでいる。AV機能ではワンセグも搭載しているほか、フォトビューワーや音楽・動画再生機能も引き続き搭載している。なお、カラーはブラック1色のみで展開される。

交差点拡大表示の画面


ワンセグ画面

音楽再生時の画面

高速道路の入口などガイドポイントまでの残距離表示を追加したほか、これまでは「NV-U3C」のみに搭載されていたスピードメーター表示にも対応するなどガイド画面も改善。公園の中など、通常は車が通らない場所もフォローする「徒歩モード」も、徒歩/自転車の参考ルートを表示する「徒歩モードプラス」を搭載するなど、複数の従来機の利点を併せ持つ製品に進化した。

ガイドポイントまでの残距離表示やスピードメーター表示にも対応

「徒歩モードプラス」ではHeading Up表示に対応

「グルメぴあ」や「ゴルフダイジェスト・オンライン」などオンラインによる各種ガイドブックとの連携ではコンテンツを改訂。地図データも最新のものを搭載するなど、データ面も正統進化を遂げている。なお、オンライン機能では従来機同様に地図情報サイト「PetaMap」にも対応している。

【問い合わせ先】
ソニーマーケティング(株)
買い物相談窓口
TEL/0120-777-886

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
製品スペックやデータを見る
  • ジャンルカーナビゲーション
  • ブランドSONY
  • 型番NV-U3V
  • 発売日2009年8月11日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格65,000円前後)
●内蔵メモリー:4GB ●バッテリー持続時間:約2時間 ●外形寸法:182W×106.9H×25.3Dmm ●本体質量:約400g