両機とも24MbpsAVCHD記録に対応

キヤノン、新開発エンジンDIGIC DV III搭載のフラグシップビデオカメラ「HF S10」「HF20」など発売

Phile-web編集部
2009年01月15日
キヤノン(株)は、ビデオカメラのダブルフラグシップモデルとして、1/2.6型8メガCMOSセンサー搭載の高画質モデル「HF S10」と、約320gのコンパクトモデル「HF20」の2機種を2月中旬に発売する。両機とも昨年発売の「HF11」に引き続き最高24MbpsのAVCHD記録に対応する。またSDタイプの「FS21」も1月下旬に発売する。

<ハイビジョンモデル>
「iVIS HF S10」 ¥OEPN(予想実売価格16万円前後) 2月中旬発売
「iVIS HF20」 ¥OPEN(予想実売価格14万円前後) 2月中旬発売

<スタンダードモデル>
「iVIS FS21」 ¥OPEN(予想実売価格7万円前後) 1月下旬発売

iVIS HF S10


高画質を訴求するフラグシップ機「HF S10」
32GBの内蔵メモリーとSDHCカードスロットを備えたダブルメモリータイプのフルHD対応ビデオカメラ。レンズ、撮像素子、映像エンジンを一新し、高画質を訴求する。一眼レフ用交換レンズをイメージし、レンズ部を強調した「レンズコンシャスデザイン」によるスタイリッシュな外観も特徴だ。

撮像素子には新開発の約859万画素 1/2.6型の「リアル8メガ HD CMOSセンサー」を搭載。独自の映像素子技術と回路処理の改善により、多画素化を図りながらも、感度低下の画質劣化を防ぎ高画質を維持している。画素補間をすることなく8メガ静止画記録、6メガ同時撮影が可能で、忠実な色再現と解像感のある画像を実現するという。

映像エンジンは新開発の「DIGIC DV III」を採用。演算処理能力をアップさせ、階調性、グラデーションの表現力を向上させた。また同社ビデオカメラでは初めてx.v.Colorに対応した。

またレンズも新開発の光学10倍ズーム「HDビデオレンズ」を搭載している。低摩擦で細かいブレを抑制する「ボール転動制御」により応答性のよい光学手ブレ補正を実現するほか、フラッシュメモリーの振動を低減するため、小型化と静音化も図った。

映像記録方式にAVCHD規格を採用し、1,920×1,080フルHD記録モードとして「MXP(約24Mbps)」、1,440×1,080のHD記録モードとして「FXP(約17Mbps)」、「XP+(約12Mbps)」「SP(約7Mbps)」「LP(約5Mbps)」を用意する。

機能面では業務用機器でも採用される本格的な機能を多く搭載する。暗いシーンの撮影時に感度の上限値を設定しノイズの少ない映像を記録できる「AGCリミット」は、0dB/6dB/12dB/18dB/AUTOの5段階設定が可能だ。また100%エリア表示、SMPTE準拠のカラーバー&テストトーン表示など、映像制作現場での使用を想定したチェック機能も備えている。

一方で、ボタンを押すだけで静止画/動画撮影が切り替わるデュアルショットモードを搭載する。また同社デジカメに採用されている、撮りたい被写体に素早くピントを合わせる「ハイスピードAF」、顔検出機能「フェイスキャッチテクノロジー」を搭載。顔追随機能を備え、安定したピントと露出で撮影することができる。顔検出機能は再生時にも対応する。

そのほかバッファメモリに常時動画を3秒録画し撮影ボタンを押す3秒前の撮影チャンスまで遡って記録できる「プレREC」モード、撮影した動画を30枚/秒の連続した2メガの静止画に保存できる「あとから連写」を搭載。「ビデオスナップ」は、1ショット約4秒で自動で録画がストップするモードで、再生時には特別な編集をせずに4秒ごとにシーンが切り替わるムービークリップをBGMをつけて気軽に楽しむことができる機能だ。

■iVIS HF20


コンパクトを訴求するフラグシップ機「HF20」
32GBの内蔵メモリーとSDHCカードスロットを備えたダブルメモリータイプのフルHD対応ビデオカメラ。従来機「HF11」と比べて体積比83%の小型化を実現し、重さも約340gと軽量化を図ったコンパクトモデル。小型化はレンズのレイアウトや液晶パネルの薄型化などにより実現し、レイアウトを見直すことでグリップ感も向上させたという。


昨年発売モデル「HF11」との比較
撮像素子は1/4型3,3メガ フルHD CMOSセンサー、映像エンジンには「S10」同様、新開発の「DIGIC DV III」を採用し、x.v.Colorに対応する。コンパクトながら新開発の光学15倍ズームレンズを搭載する。

映像記録方式はAVCHD規格で、撮影モードは1,920×1,080のフルHD記録モードとして「MXP(約24Mbps)」、1,440×1,080のHD記録モードとして「FXP(約17Mbps)」、「XP+(約12Mbps)」「SP(約7Mbps)」「LP(約5Mbps)」を用意する。

プロ向け機器で採用される機能は搭載しないが、「S10」同様、デュアルショット、「ハイスピードAF」、顔検出機能「フェイスキャッチテクノロジー」、プレREC機能、ビデオスナップ、あとから連写などの機能を搭載している。

iVIS FS21


FS21
「FS21」は、16GBの内蔵メモリーとSD/SDHCメモリーカードスロットを備えたダブルメモリータイプのSDビデオカメラ。映像コーデックはMPEG2で、SD-VIDEO規格で記録する。画質モードはXP(約3Mbps)/SP(約6Mbps)/LP(約9Mbps)。

昨年発売された「FS10」の後継機で、メモリー容量アップを図りながら、レンズまわりの再設計やLCDの薄型化により、従来モデルとの容積比約92%のコンパクト化を実現した。サイズは55W×59H×121D、質量は225gとなる。

直感的な操作が可能な十時操作UIやボタン1つで再生モードに切り替わる「録る見るボタン」、3秒前までさかのぼって撮影できるプレREC機能など、デジカメ間隔で簡単に撮影できる機能を豊富に搭載している。

新たにクイックチャージに対応したコンパクトアダプターCA-570を同梱し、充電時間を短縮した。バッテリー残量が0%時でも10分間のチャージで約30分、20分のチャージで約60分の撮影が可能だという。また同梱のバッテリーで連続約3.5時間の撮影が可能だ。

撮像素子は107万画素の1/6型CCDを搭載。レンズは光学37倍ズームで、DIGIC DV IIIによるアドバンスドズームでは48倍(16:9)までの無劣化ズームに対応する。

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルSDカードムービー
  • ブランドCANON
  • 型番HF S10
  • 発売日2009年2月中旬発売
  • 価格¥OEPN(予想実売価格16万円前後)
●記録メディア:内蔵メモリー32GB、SD/SDHCメモリーカード ●映像記録規格:AVCHD(ハイプロファイル対応) ●撮像素子:1/2.6型CMOSセンサー(総画素数:約859万画素) ●撮影レンズ:光学10倍(デジタルテレコン 約1.7倍) ●液晶モニター:2.7型 22.1万画素ワイドカラー液晶 ●入出力端子:HDMIミニ、USB、外部マイク入力、ミニAV、ヘッドホン端子ほか ●消費電力:3.6W ●外形寸法:70W×69H×136mm ●質量:約450g(グリップベルトを除く)
  • ジャンルSDカードムービー
  • ブランドCANON
  • 型番iVIS HF20
  • 発売日2009年2月中旬発売
  • 価格¥OPEN(予想実売価格14万円前後)
●記録メディア:内蔵メモリー32GB、SD/SDHCメモリーカード ●映像記録規格:AVCHD ●撮像素子:1/4型CMOSセンサー(総画素数:389万画素) ●撮影レンズ:光学15倍 ●液晶モニター:2.7型ワイドカラー液晶 ●入出力端子:HDMIミニ、USB、外部マイク入力、ミニAV、ヘッドホン端子ほか ●消費電力:3.8W ●外形寸法:70W×60H×124mm ●質量:約340g(グリップベルトを除く)
  • ジャンルSDカードムービー
  • ブランドCANON
  • 型番FS21
  • 発売日2009年1月下旬発売
  • 価格¥OPEN(予想実売価格7万円前後)
●記録メディア:内蔵フラッシュメモリー(16GB)、SD/SDHCメモリーカード ●映像記録規格:MPEG2 ●撮像素子:1/6型CCD(総画素数:107万画素) ●撮影レンズ:光学37倍レンズ ●液晶モニター:2.7型ワイドカラー液晶(12.3万画素) ●入出力端子:AVミニ出力、外部マイク入力、USB、ヘッドホン出力ほか ●消費電力:1.8W ●外形寸法:約55W×59H×121Dmm ●質量:本体約225g(グリップベルトを除く)

関連記事