録画機能の設定メニューなども新規追加

iPhoneでワンセグ録画が可能に - 無料アプリ「テレビ」バージョンアップで対応

Phile-web編集部
2009年06月23日
ソフトバンクBB(株)は、現在AppStoreにて無料で提供中のiPhone 3G向けアプリケーションソフト「テレビ」のバージョンアップを本日6月23日に実施。バッテリーパック「TV&バッテリー」(関連ニュース)の使用にて可能となるiPhone 3Gでのワンセグ視聴に録画機能を追加する。

「テレビ」アプリケーションのバージョンアップにより、iPhone 3Gでのワンセグ視聴画面右上に「録画ボタン」が表示され、これをタップすることで放送中の番組を録画することが可能となる。

録画機能追加後のワンセグ視聴画面イメージ

また、録画した番組は自動的に録画リストに保存され、iPhone 3Gと「TV&バッテリー」がWi-Fiにて接続されていない状況でも保存された録画ファイルを再生して視聴することが可能。録画ファイル視聴時は、再生以外にも早送り・巻き戻しを行うこともできる。

録画リスト利用イメージ

また、録画機能の使用においては設定メニューに新たに追加された「最大録画時間設定」にて、連続録画時間を現在録画中の番組の終了時刻まで録画する「番組の終わりまで」、iPhone 3Gの記憶容量が最大に達するまで録画を継続する「制限しない」のほか、6時間まで2時間おきに3段階の録画時間を設定することが可能。

なお、今回のバージョンアップでは、録画機能の他にもiPhone 3Gのメモリ残量低下を知らせる「iPhone メモリ残量アラート機能」が追加された。また、今回のアップデートにてiPhone OS 3.0にも対応する。

関連リンク

関連記事