本体設計も音質を考慮したつくり

オンキヨー、ONKYO製スピーカーを搭載したフルHD液晶ディスプレイを発売

Phile-web編集部
2009年05月29日
オンキヨー(株)は、ONKYOブランドの21.5V型フルHDディスプレイ「LA21TW-01S」を発売する。全国のSOTEC製品取扱店、およびSOTECダイレクトにて販売。直販サイト価格は34,800円(税込)。

LA21TW-01S

解像度1,920×1,080の21.5V型液晶ディスプレイ。輝度は300カンデラ、コントラスト比は1,000対1、ACR動作時の最大コントラスト比は20,000対1。応答速度は5ms。接続端子として、ミニD-Sub 15ピン、DVI-D 24ピン、HDMI端子を各1系統用意している。

定格出力1.6W+1.6Wのオンキヨー製スピーカーを搭載しているのが最大の特長。本体も音質を考慮した設計とされており、手軽に高品位再生ができることを訴求している。

映像設定も、「標準」のほかテキスト/インターネット/ゲーム/ムービー/スポーツのなかから最適なものを選ぶことが可能だ。

また3段階のエコモードを搭載。文書作成や、長時間の使用など最大輝度で使用しない場合などに使用することができる。待機時消費電力は2W以下、最大消費電力は56W以下。

関連記事