オンキヨー、本格オーディオが楽しめる“HDオーディオPC”を発売

2007年02月01日
オンキヨー(株)は、本格的なオーディオを楽しめるPCとして、“HDオーディオコンピューター”「HDC-1.0」を2月上旬より順次発売する。HDC-1.0の単体販売のほか、アクティブスピーカーやステレオプリメインアンプをセットにしたモデルも発売される。

■単品モデル HDC-1.0 ¥OPEN(予想実売価格210,000円前後) 3月上旬発売


HDC-1.0

背面端子部

内部
オーディオ再生性能・機能に注力したデスクトップPC。OSに「Windows Vista Home Basic」、CPUに「インテル Core 2 Duo」を採用している。HDD容量は120GB。筐体の横幅は同社ミニコンポ“INTEC”シリーズと同じ205mmとなっており、組み合わせての使用も推奨されている。なお、本機を使用するには別途ディスプレイが必要となる。

本機は高品位なオーディオ再生を実現するため、パーツやソフトウェア、付属リモコンなどにこだわった。その一つが、PCパーツの放熱への対策として開発、採用されたのが高効率クーリングシステム。CPUやチップセットを放熱ダクトで包み、滞留熱をファンへ効率よく送り出すこの構造により、ファン1機で全体の冷却を実現。さらに低発熱のノートPC向けパーツを多く使うことで発熱自体を抑えている。またHDDは、騒音の少ない2.5インチサイズのものを使用している。

サウンドボードは、同社アンプに採用されている特許技術「VLSC」回路を搭載することでノイズの大幅な低減を図っている。また、ウォルフソンの96kHz/24bit DAC「WM8716」を搭載することで、高品位な音楽再生を実現している。さらに、コンデンサに高品位なパーツを採用したほか、バスプレートに銅素材を使用している。

音声の出力は、アナログLRのコンポジット端子と光デジタル出力端子を装備。手持ちのアンプやアクティブスピーカーなどに接続して音楽を楽しむことができる。背面端子にはアナログ音声入力端子も装備している。

音楽再生ソフトウェアは、同社独自の「CarryOn Music 10」をプリインストール。WAV、WMA、MP3、AACのファイルを一括管理できるほか、CDからの取り込み、CDの作成、ポッドキャスティングなどを行うことができる。DRMで保護された楽曲も再生できるが、アップルのFairplayだけは仕様が公開されていないので対応していない。また、ライン入力した音声をHDDに取り込む機能も搭載。Music IDに対応しており、取り込んだアナログ音源のタイトル取得なども行うことができる。

「CarryOn Music」の楽曲一覧画面

入力した音源は自由にイコライジングもできる

本機の特徴の一つが付属の双方向リモコン。2.4GHz帯の無線を用い、PCとリモコン間で信号のやりとりが可能で、「CarryOn Music 10」で管理している楽曲のデータをリモコンの液晶ディスプレイに表示し、任意の曲を選んで再生することが可能だ。またリモコン上部の「Power」ボタンは、OSのスリープ機能に連動。Viataの特長であるスリープからの素早い復帰を利用したON/OFF機能となっている。

付属のキーボード

液晶ディスプレイを備えた付属のリモコン

リモコンの設定画面


■スピーカーセット SPX-1 ¥OPEN(予想実売価格260,000円前後) 3月上旬発売

HDC-1.0に新開発のアクティブスピーカーをセットにしたモデル。スピーカーには、デジタルプリメインアンプ「CR-D1」に採用したデジタルアンプ技術を採用しており、小型かつ高音質を実現している。


スピーカーL

スピーカーRにリモコン受光部やボリュームなどを備える

スピーカーユニット
ウーファーは上級モデルで採用される「A-OMFモノコックコーン」を採用。またトゥイーターは3cm径のリング型トゥイーターを採用している。またデジタルアンプ部には「VL Digital」技術を搭載し、高精度かつ高いドライブ能力を実現している。

また本スピーカーは、HDC-1.0付属のリモコンでの操作にも対応。電源切り替えやボリューム調整を離れたところから行うことができる。

なお、本スピーカーの単品販売は予定していないという。


■アンプセット APX-1 ¥OPEN(予想実売価格248,000円前後) 2月上旬発売


APX-1にスピーカーD-D1Eを組み合わせたところ

アンプ部の内部
HDC-1.0にデジタルのステレオプリメインアンプをセットにしたモデル。本アンプは、「INTEC 205」シリーズのデジタルアンプをベースに改良を加えた新開発の製品。ノイズを低減する「VL Digital」など上位モデルの技術を採用した。

また、ノイズの影響を低減する銅バスプレートや、歪みの発生が少ないモータードライブボリューム、信号経路を最短化するソースダイレクトモードなどを搭載し、高音質化を図っている。アンプ部は、上記アクティブスピーカーと同様、HDC-1.0付属のリモコンで操作が可能だ。


【問い合わせ先】
オンキヨー株式会社
コールセンター
TEL/050-3161-9555

(Phile-web編集部)
新着記事を見る
  • ブランドONKYO
  • 型番HDC-1.0
  • 発売日2007年3月上旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格210,000円前後)
【SPEC】
<オーディオ部>
●周波数特性:0.3Hz〜88kHz(サンプリング周波数192kHz 時) ●SN比:110dB(IHF-A) ●全高調波歪率:0.003%(1kHz) ●アナログ音声出力電圧:2.0Vrms ●デジタル音声出力端子:光1 (SPDIF) ●アナログ音声端子:入力1/出力1
<PC部>
●OS:Microsoft Windows VistaTM Home Basic ●CPU:インテルィ CoreTM 2 Duo T5500 (1.66GHz) ●メインメモリ:PC2-5300 1GB ●チップセット:インテルィ 945GM + ICH7M ●ハードディスク容量:SATA 120GB ●CD/DVDドライブ:DVDスーパーマルチドライブ内蔵 ●ディスプレイ出力:DVI ●LAN:10BASE-T/100BASE- TX/1000BASE-T ●USB 2.0:前面2ポート、背面4ポート ●IEEE1394:背面6pin 1ポート
<総合>
●電源:ACアダプタ(入力AC100〜240V(50/60Hz)、出力DC19V(4.74A、90W)) ●消費電流:最大6.0A ●消費電力:100W(OS起動時) ●外形寸法:205W×92.5H×240Dmm ●質量:3.0Kg
  • ブランドONKYO
  • 型番SPX-1
  • 発売日2007年3月上旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格260,000円前後)
【スピーカー部SPEC】●形式:Rチャンネル:アンプ内蔵2ウェイバスレフ型、Lチャンネル:2ウェイバスレフ型 ●定格周波数範囲:50Hz〜100kHz ●実用最大出力:40W+40W (4Ω,JEITA ) ●クロスオーバー周波数:3.5kHz ●入力インピーダンス:10kΩ以上 ●入力感度:200mV(ボリューム最大時) ●キャビネット内容積:5.0 リットル ●使用スピーカー:(ウーファー)10cmA-OMFモノコックコーン、(ツィーター)3cmリング ●電源:100V(50Hz/60Hz) ●消費電力:40W ●外部入出力端子:アナログ入力×2( RCAステレオ、金メッキ)、デジタル入力×1(光)、サブウーファー出力×1(RCAモノラル、金メッキ)、ヘッドホン出力×1(φ3.5mmステレオミニ、金メッキ) ●外形寸法:169W×263H×240Dmm ●質量:Rチャンネル/6.4kg、Lチャンネル/4.3kg
  • ブランドONKYO
  • 型番APX-1
  • 発売日2007年2月上旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格248,000円前後)
【アンプ部SPEC】●定格出力:60W+60W(4Ω、1kHz、0.5%以下THD) ●実用最大出力: 80W+80W(6Ω JEITA) ●ダイナミックパワー:90W+90W(4Ω) ●全高調波歪率:0.08%(1kHz 1W出力時) ●入力感度/インピーダンス:200mV/50kΩ(LINE入力)、1V/50kΩ(MAIN IN) ●出力電圧/インピーダンス200mV/2.2kΩ(REC OUT) ●周波数特性:10Hz〜60kHz(LINE入力、+1dB/−3dB) ●SN比:100dB(CD、IHF-A) ●スピーカー適応インピーダンス:4Ω〜16Ω ●電源・電圧:AC100V・50/60Hz ●消費電力(電気用品安全法技術基準):95W ●最大外形寸法:幅205×高さ93×奥行き299mm ●質量:4.0kg ●入力端子:6(CD、TUNER、TAPE/CDR、MD、LINE、MAIN IN) ●出力端子:4(TAPE/CDR、MD、SWPREOUT、SPEAKER) ●プロセッサー/PC入出力端子 ●ヘッドホン端子◎システムリモコン(RC-614S)付属

関連記事