10月からの事業開始を目指す

パイオニアとシャープが光ディスク事業に関する合弁会社設立に合意

  • Twitter
  • FaceBook
Phile-web編集部
2009年04月09日

パイオニア(株)とシャープ(株)は、光ディスク事業に関する合弁会社を設立することに関して基本合意書を締結したと発表した。今後大きく市場の伸長が期待されるブルーレイディスク市場における主導的ポジションを獲得することを目的としているという。

合弁会社は、両社が保有する光ディスクに関する経営リソースを有効活用し、BDを中心とした光ディスク事業での地位確立を目指す。両社の光ディスク関連事業を新会社へ移管し、今年の10月1日を目処にした事業開始を予定している。新会社では光ディスクドライブやレコーダー、プレーヤー用等の製品を中心に、製品開発や販売を展開していく。

詳細については今後検討を進め、まず6月25日までに合弁契約を締結し、10月1日までの合弁会社設立を目指す。両社では「技術力を統合することで光ディスク事業を一層強化し、両社の協力関係を通じて両社AV事業における市場競争力をさらに強化していきたい」とコメントしている。

関連記事