HDMI接続時の動作安定など

ヤマハ、AVアンプ「DSP-Z7」「DSP-AX3900」のソフトウェアアップデートを実施

Phile-web編集部
2009年02月02日
ヤマハは、準フラグシップAVアンプ「DSP-Z7」と「DSP-AX3900」、において安定性向上のためにアップデートを2月2日より実施する。


DSP-Z7
DSP-Z7」「DSP-AX3900」ともにファームウェアバージョンがVer.1.04の製品を対象にアップデートを行う。今回のアップデートは電源起動時、およびHDMI接続時の動作安定化などを目的に行われる。

方法はUSBメモリーを使用した更新と、インターネット経由での更新の2通りがある。USBメモリー使用の更新は、同社サイトでダウンロードできる。

【問い合わせ先】
ヤマハ
AVお客様相談センター
TEL/0570-01-1808(ナビダイヤル)

関連リンク

関連記事