3Dブルーレイタイトルの商用化を支援

パナソニック、3D対応BDの規格化/ソフト制作を行う「PHL-AC」を設立

Phile-web編集部
2009年01月08日

パナソニックハリウッド研究所
パナソニック(株)は、同社がハリウッドに構えるパナソニックハリウッド研究所(PHL)内に「パナソニックハリウッド研究所アドバンスドオーサリングセンター」(PHL-AC)を2月1日より設立。3Dに対応したブルーレイの規格化や研究開発、タイトル制作などを行うことを発表した。

PHLは2001年に設置され、ハリウッドスタジオと共同で映像圧縮技術やブルーレイ規格、オーサリング技術などを開発。AV機器の画質向上技術の研究などでも高い評価を得ている。

PHLでは3D本格商用サービスを見据え、既に3D用のMPEG-4 AVC High Profile ビデオエンコーダー開発などを開始しており、PHL-ACではこれらの新開発システムを使用して3D版BDソフトの試作を行っていく。同社は「米国映画業界の3Dブルーレイタイトルの商用化を支援することで、3D事業の円滑な立ち上げに貢献していく」とコメントしている。

関連記事