“顔キレイナビ"搭載の最薄部19mmモデル「J15fd」も登場

富士フイルム、“シーンぴったりナビ"と“顔キレイナビ"W搭載のFinePix「Z250fd」など2機種を発売

Phile-web編集部
2008年10月29日
富士フイルム(株)は、コンパクトデジタルカメラ“FinePix”シリーズの新製品として、「FinePix Z250fd」と「J15fd」を11月15日より発売する。

FinePix「Z250fd」 ¥OPEN(予想実売価格37,000円前後)

レースとグラデーションのコーティングを施した外装が特徴で、カラーラインナップはデコーションピンク/デコレーションホワイト/グラデーションレッド/グラデーションパープルの4モデル。

Z250fd(デコーションピンク)

Z250fd(デコーションホワイト)


Z250fd(グラデーションレッド)

Z250fd(グラデーションパープル)
「シーンぴったりナビ」と顔検出機能「顔キレイナビ」を搭載し様々なシーンを自動で撮影することができる。

「シーンぴったりナビ」は被写体にカメラを向けるだけで撮影シーンを人物/風景/夜景/マクロの4種類から自動で判別し、殺意条件を最適化する機能。顔検出機能「顔キレイナビ」は最大10人までの顔を検出でき人物の顔の露出補正や赤目補正などを自動で調整する。

撮像素子は有効画素数1,000万画素の1/2.3型 CCD、レンズはフジノン光学式5倍ズームを搭載する。ISOは最大1600まで設定が可能。またCCDシフト式の手ブレ補正機能も搭載している。

モニターは強化ガラスを採用しキズがつきにくい2.7型約23万ドット液晶モニターを搭載する。


FinePix「J15fd」 ¥OPEN(予想実売価格20,000円前後) 11月15日発売

最薄部19mmのコンパクトサイズで好評を得た「J10 」に顔検出機能「顔キレイナビ」を搭載したモデル。

「顔キレイナビ」はフレーム内の顔を最大6人まで検出し、人物の顔にピントをあわせ、顔の明るさの調整や赤目補正などを自動で行う。


J15fd

J15fdのモニター部
撮像素子として有効画素数815万画素の1/2.5型CCD、レンズはフジノン光学式3倍ズームを搭載する。ISOは最大1600まで設定が可能。また被写体ブレや手ブレを軽減する「ブレ軽減モード」を搭載し光量が少ないシーンでも綺麗に撮影ができる。

また「スポーツモード」「美術館モード」など14種類のシーンポジションを用意し、各撮影シーンにあわせてシャッター音や機能などを最適な設定で撮影できる。

【問い合わせ先】
お客さま お客様コミュニケーションセンター
TEL/03-5786-1712

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルデジタルスチルカメラ/静止画編集
  • ブランドFUJIFILM
  • 型番Z250fd
  • 発売日2008年11月15日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格37,000円前後)
●有効画素数:1,000万画素 ●撮像素子:1/2.3型 正方画素CCD 原色フィルター採用 ●記録メディア:内蔵メモリー、xDピクチャーカード(16MB〜2GB)、SD/SDHCメモリーカード ●レンズ:フジノン光学式5倍ズームレンズ ●電源:充電式バッテリー ●本体外形寸法:92.0W×55.7H×22.0Dmm ●本体質量:約150g
  • ジャンルデジタルスチルカメラ/静止画編集
  • ブランドFUJIFILM
  • 型番J15fd
  • 発売日2008年11月15日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格20,000円前後)
●有効画素数:815万画素 ●撮像素子:1/2.5型 正方画素CCD 原色フィルター採用 ●記録メディア:内蔵メモリー、xDピクチャーカード(16MB〜2GB)、SD/SDHCメモリーカード ●レンズ:フジノン光学式3倍ズームレンズ ●電源:充電式バッテリー ●本体外形寸法:91.0W×55.0H×22.0Dmm ●本体質量:約150g

関連記事