ワーナー、「スピード・レーサー」「ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ」の2作品をBD化

2008年10月01日

スピード・レーサー

ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ
ワーナー・ホーム・ビデオは、「スピード・レーサー」と「ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ<ファースト・シーズン>」の2作品をブルーレイ・ディスク化し、11月19日より順次発売する。詳細は下記の通り。

■スピード・レーサー
・Blu-ray Hi-Def 1枚組 ¥4,980(税込) 11月19日発売
・MACH5 Blu-rayプレミアムBOX 1枚組 ¥6,980(税込) 11月19日発売

■ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ<ファースト・シーズン>
・Blu-rayディスク3枚組 ¥12,250(税込) 1月21日発売

「スピード・レーサー」は、日本のテレビアニメ「マッハGoGoGo」を原作にした実写アドベンチャー。マトリックス3部作のウォシャウスキー兄弟と、プロデューサーのジョエル・シルバーが手がけていることや、日本語吹き替え盤にに赤西 仁(KAT-TUN)や上戸彩を起用したことも話題を集めた。

特典として、メイキング風景や「映画の中の車とレースコース」など合計66分の映像を収録。なお、DVDとUMDでも同時発売の予定になっているが、UMDには特典映像が収録されない。

「ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ<ファースト・シーズン>」は、映画「ターミネーター2」のその後を描いたテレビドラマシリーズ。映画の第2、第3、第4作目の製作・製作総指揮であるマリオ・F・カサールが製作総指揮を務めている。

映画版の主人公であるジョン・コナーの母親、サラ・コナーを主人公にして彼らの戦いを描く本作には、未来からやってきた美少女型ターミネーターなど映画シリーズとは違う型のターミネーターが登場するのが特徴だ。

3枚組のボックス仕様となり、第1話から第9話までを収録。なお、DVDでは第1話と2話を収録した1巻目が1月7日に、3話から9話を収録した4枚組ボックスが1月21日に発売される。

(Phile-web編集部)

関連記事