BDA、発売BDソフトが累計1,500を突破したと発表 − 内訳は洋画、アニメが強し

Phile-web編集部
2009年11月10日
Blu-ray Disc Association(BDA)は、2009年10月末までに発売されたBDソフトの累計が1,500タイトルを突破したと発表した。(株)AVエクスプレスの調査により明らかになった。

BDタイトルは2006年11月より販売を開始。2009年5月に累計1,000タイトルに到達し、その後の5ヶ月間で着実に増え続けこの度1,500タイトルを突破した。

BDタイトル発売数は右肩上がりに上昇している

BDAはこれを受け「今年に入ってから発売されたBDソフトのタイトル数は、2006年の11月から2008年末までに発売された累計のタイトル数を既に超えている。新作のハリウッドの大作はもちろんのこと、邦画の名作や特撮、日本の人気TVアニメシリーズなどの魅力あるBDソフトが続々と登場した2009年は、BDソフトの本格普及に向けた第一歩を踏み出した年といえる。年末商戦に向けてBD対応製品の更なる需要拡大を期待すると同時に、BDソフト市場もBD対応製品との相乗効果により右肩上がりの成長を続けていくと予想している」とコメントしている。

発売BDタイトルのジャンル別内訳

またAVエクスプレスは、1,500タイトル達成時のソフトジャンル別内訳も発表。これによるとシェアは洋画(44.4%)とアニメ(30.5%)がとりわけ高く、そのほか趣味教養(11.8%)、邦画(6.1%)、音楽(5.3%)のように続いている。

関連リンク

関連記事