新作『コクリコ坂から』と同時期に映画化が検討された作品

ジブリ『耳をすませば』が7月20日にブルーレイ化

ファイル・ウェブ編集部
2011年04月11日

ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパンは、スタジオジブリの『耳をすませば』をブルーレイ化し、7月20日に発売する。価格は7,140円(税込)で、品番はVWBS1238。

画面サイズは16対9で、1,920×1,080のフルHD。映像はMPEG-4 AVCで、日本語音声はDTS-HD MA(5.1ch)で収録しているほか、英語/ドイツ語/広東語のDTS(5.1ch)に対応している。

また約111分の本編のほか、特典映像として絵コンテやアフレコ台本、「『バロンのくれた物語』背景画集」「井上直久の一枚の絵が出来上がるまで(4編)」、予告編集などを収録している。

なお、7月公開のスタジオジブリの新作『コクリコ坂から』は、もともと『耳をすませば』と同時期に映画化が検討された作品だという。そのような経緯から、関連作品として『コクリコ坂から』の公開に合わせたBD発売となった。

関連記事