カシオ、毎秒40枚の高速連写が可能なデジタルカメラ「EX-FH20」を発売

2008年09月16日

EX-FH20
カシオ計算機(株)は、毎秒40枚の超高速連写と最大1000fpsのハイスピードムービー撮影機能を搭載したデジタルカメラ「EX-FH20」を9月19日より発売する。価格はオープンだが8万円前後での実売が予想される。

本機は、広角26mm相当からの光学20倍ズームレンズを搭載した有効画素数910万画素のデジタルカメラ。毎秒60枚連写と最大1200fpsのムービー撮影が可能な「EX-F1」(関連ニュース)の普及モデルにあたる。

撮影モードのダイヤルを1つに集約してシンプルな操作性にしたほか、「EX-F1」に比べて容積27%減、質量28%減とボディの小型軽量化を図り、取回しの良さを実現している。同社では、「EX-F1」と本機に“HIGH SPEED EXILIM”と新たなシリーズ名を与えて従来にはないデジタルカメラならではの新しい用途を広げていくとしている。

7メガピクセル(画像サイズ:3072×2304)で最大40枚/秒の超高速連写が可能となっており、連写速度は1枚/秒から40枚/秒までの7段階から選べる。また、シャッターを押した瞬間から遡って40枚まで撮れる「パスト連写」も搭載している。

ハイスピードムービー撮影機能は、1000fps、420fps、210fpsから選択可能。また、30fpsでの通常動画の撮影中にボタンひとつで210fpsのハイスピード撮影へ切り替えるモードも搭載している。

CMOSシフト方式の手ブレ補正に加え、高速連写した複数の画像を自動合成することで手ブレを補正する「ハイスピード手ブレ補正」も搭載。そのほか、手持ちでも三脚を使っても最適な設定でブレの少ない夜景が撮れる「ハイスピード夜景」機能も搭載している。

【問い合わせ先】
カシオ計算機 お客様相談室
TEL/03-3320-5365

(Phile-web編集部)
新着記事を見る
  • ブランドCASIO
  • 型番EX-FH20
  • 発売日2008年9月19日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格80,000円前後)
【SPEC】●有効画素数:910万画素 ●撮像素子:1/2.3型高速CMOS ●記録メディア:SDHC/SDメモリーカード、マルチメディア/マルチメディアPlusカード ●HDD容量:31.9MB(記録エリア) ●記録ファイル形式:静止画→RAW(DNG)、JPEG(Exif Ver2.2)、DCF1.0準拠、DPOF対応記録形式、動画→AVI、Motion JPEG、IMA-ADPCM(モノラル) ●レンズ:光学20倍ズーム ●液晶モニター:3.0型TFTカラー液晶(高性能クリア液晶)、230,400ドット ●電子ファインダー:0.2型液晶、201,600ドット ●電源:単3形アルカリ乾電池×4本、単3形充電式ニッケル水素電池×4本、ACアダプター ●入出力端子:USB/AVポート、外部マイク端子、外部電源端子 ●外形寸法:122.6Wx 81.4Hx84.5Dmm ●質量:約483g(電池・付属品含まず)

関連記事