三菱電機、コントラスト比7万対1のフルHDプロジェクター「LVP-HC7000」を発売

2008年09月16日

LVP-HC7000。見る方向によって外観の変化が楽しめる「G.T.デザイン」を採用
三菱電機(株)は、フルHD液晶プロジェクター「LVP-HC7000」を9月25日より発売する。価格はオープンだが、350,000円前後での販売が予想される。

3LCD方式を採用し、パネルは0.74型のC2FINE方式のものを搭載。解像度は1,920×1,080のフルHDとなる。ただし本パネルは倍速駆動に対応しておらず、本機も倍速機能は搭載していない。

正面から見るとこのようにコロンとしたイメージ

側面に設けられたファン

液晶パネルと偏光フィルターの間に、新開発の光学補償板と、菱形の「Diamond Black Iris」を搭載。光学補償板で光漏れを低減し、アイリスで光量を60分の1単位という高速・高精度で制御することにより、クラス最大級となる70,000対1の高コントラスト比を実現した。

映像処理回路にはHQVのReon-VXを搭載し、高精度なIP変換やアップスケーリングなどの処理が可能。DVD視聴時も、高精度フィルターにより画素変換処理を行うことに加え、HQVノイズリダクションを施すことで、モスキートノイズなどを低減することができるという。なお24p入力にも対応し、24p/30pのモード切替を追加した。

また、見る方向によって外観の変化が楽しめる「G.T.デザイン」を採用し、高級感ある光沢仕上げを施している。さらに、天板を二重構造とすることでファンノイズを低減。騒音レベルはランプ低モード時で17dBと、高い静音性を実現している。

レンズは、EDガラスレンズを含む14群17枚構成で、上下左右のレンズシフト、ズーム、フォーカスがすべて電動で操作可能。レンズシフト幅は上下75%、左右5%。ズーム倍率は1.6倍。

HDMI入力はver.1.3のものを2系統を備える。さらに、ランプ低モード時で5,000時間という、非常に長いランプ寿命を実現し、ランニングコストを抑えたのも特長のひとつとなっている。

【問い合わせ先】
三菱電機お客さま相談センター
TEL/0120-139-365


(Phile-web編集部)
新着記事を見る
  • ブランドMITSUBISHI
  • 型番LVP-HC7000
  • 発売日2008年9月25日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格350,000円前後)
【SPEC】●画素数:1,920×1,080画素 ●ズーム/フォーカス操作:1.6倍ズーム・電動 ●レンズシフト:電動上下75%、左右5% ●焦点距離:23.5〜37.5mm ●光源:160W ●光学系:ミラー色分離・プリズム合成方式 ●明るさ:750lm ●コントラスト比:70,000対1 ●騒音レベル:17dB ●映像入力:HDMI×2、S端子×1、コンポジット×1、コンポーネント×1、PC×1、RS-232C×1 ●消費電力:250W ●外形寸法:427W×159H×440Dmm ●質量:約7.5kg

関連記事