三菱、最新の高速オートアイリスを搭載したフルHD液晶プロジェクター「LVP-HC5500」を発売

2008年08月20日
三菱電機(株)は、フルHDパネルを搭載する液晶プロジェクター「LVP-HC5500」を9月より発売する。価格はオープンだが、220,000円前後での販売が予想される。

LVP-HC5500

レンズは1.2倍対応の電動ズームレンズを採用する

本機には従来モデルで採用したオートアイリス機能のアルゴリズムを改良し、形状などについても一部見直したデバイスが採用されている。高速・高精度オートアイリスにより、映像が明るいシーンから急激に暗いシーンに切り替わる際にも、瞬時にアイリスが追随し、黒浮きを抑えたソースに忠実な映像表現を可能にしている。さらに独自のコントラスト制御技術も搭載することで、オートアイリス使用時のコントラスト比で10,000対1を実現している。なお明るさは1000lmとなる。

0.74型の液晶パネルを3枚搭載し、1920×1080画素のフルHD表示に対応する。またVer1.3aのHDMI端子は2系統装備し、24p信号にも対応してる。その他映像系入力端子の構成はコンポーネントRCA/S映像/コンポジットRCAを1系統ずつ、およびアナログRGBが1系統となる。


背面端子部

本機のリモコン

本体天板に配置された操作部
映像処理回路にはSilicon Optix社製のHQV Reon-VXを採用。DVDの映像も高精度にアップコンバートして高精細に再現する。

レンズは1.2倍対応の電動ズームレンズを採用。100インチの映像を3.2mの距離から投写することができ、上下50%が可能。なお左右方向へのレンズシフトは行えない。電動ズーム・フォーカス、レンズシフトはリモコンにより操作が可能。台形歪み補正機能の可変範囲は±15。またアナモフィックレンズの装着にも対応している。これによりシネスコ映像の上下黒帯を除いた映像部分のみをアップスケーリングし、アナモフィックレンズで拡大投写することも可能だ。

ファンノイズは冷却構造の見直しと、低騒音ファンの採用によりランプ低モードで19dBの静音性能を実現している。

【問い合わせ先】
三菱電機
お客様相談センター
TEL/0120-139-365

(Phile-web編集部)

関連リンク

新着記事を見る
  • ブランドMITSUBISHI
  • 型番LVP-HC5500
  • 発売日2008年9月
  • 価格¥OPEN(予想実売価格220,000円前後)
【SPEC】●投射方式:0.74型 液晶パネル3枚 ●画素数:1920×1080 ●明るさ:1000lm ●コントラスト比:10,000対1 ●映像入力端子:HDMI×2、コンポーネントRCA×1、コンポジットRCA×1、S映像×1、ミニD-SUB15ピン×1 ●消費電力:250W ●外形寸法:334×125×352mm ●質量:5.6kg

関連記事