アイ・オー、2TB HDD搭載のハイビジョンネットワークレコーダーを発売 − 東芝REGZAと連動

2008年04月09日

ネットワークHDDレコーダー「HVL4-G2.0」
(株)アイ・オー・データ機器は、ハイビジョン録画に対応したネットワークHDDレコーダー「HVL4-G2.0」を4月下旬より発売する。

価格は税込で111,615円。本体には2TBのHDDを内蔵。HDD計4枚の構成とし、容量の3/4をデータ領域、1/4を保護領域として、1台に故障が発生した際にも大切なデータを保護できる「RAID5」モードの両方に対応する。RAID5モード時には、データ領域はそれぞれ1TBモデルが750GB、2TBモデルが1.5TBとなる。また、内蔵HDDはユーザー自身で簡単に交換ができるよう、コイン等で筐体が分解可能な構造としている。

同社は昨年の春にネットワークハードディスク“LANDISK”「HDL4-G1.0」を商品化し、PCや一部家電機器向けのストレージとして発売している。今回発表した「HVL4-G2.0」は家電専用のストレージとして位置づけられており、「DLNA1.5」、ならびに「DTCP-IP1.2」の各規格に対応する。同じ規格に対応する東芝の薄型液晶テレビ“REGZA”シリーズの最新ネットワーク録画モデル「ZH500/ZV500シリーズ」との連携時には、テレビからHDDに録画したデジタルハイビジョン番組を「HVL4-G2.0」にムーブした後、録画を行ったテレビ以外にも東芝“REGZAシリーズ”のZ3500/Z2000(関連ニュース)をはじめ、DTCP-IP1.1以上に対応する他の機器からコンテンツへアクセスして、共有しながら視聴が楽しめる。同社で動作検証が済んだ機器については、ホームページなどで順次その機種が公開される予定だ。また6月2日に予定されているダビング10の運用開始後には、テレビで録画したコンテンツを「HVL4-G2.0」へコピーすることも可能になる。本機自体はファームウェアの更新によりダビング10に対応する予定だ。


「HVL4-G2.0」(左)とネットワークハードディスク“LANDISK”「HDL4-G1.0」(右)

本機の背面端子部
REGZAと本機をLAN経由で接続することで使用が可能になる。本機へのムーブや、録画済みファイルの再生は、全てテレビのリモコンから操作が可能だ。

既発売のLANDISK「HDL4シリーズ」から、外観のカラーリングはブラックに変更されている。また「HVL4」では、ネットワーク上でPCとのファイル共有を行うことはできない。本体背面にはネットワーク端子のほかUSB端子を搭載しており、ハイビジョンビデオカメラなどをUSB経由でつないで、個人が撮影した動画ファイルなどコピーフリーのコンテンツを共有化して楽しむこともできる。

【問い合わせ先】
(株)アイ・オー・データ機器
サポートセンター
東京 TEL/03-3254-1036
金沢 TEL/076-260-3646

(Phile-web編集部)
新着記事を見る
  • ブランドI-O DATA
  • 型番HVL4-G2.0
  • 発売日2008年4月下旬
  • 価格¥111,615(税込)

関連記事