アイ・オー・データ、ハードディスクレコーダー「HVR-HD1000EX」に不具合

2008年02月06日
(株)アイ・オー・データ機器は、2007年12月に発売されたハードディスクレコーダー“Rec-POT EX”「HVR-HD1000EX」(製品データベース)において、シャープ製のBD/HDD/DVDレコーダーと組み合わせて使用すると、不具合が発生する可能性があると発表した。


Rec-POT EX「HVR-HD1000EX
■対象製品
Rec-POT EX「HVR-HD1000EX」

本体背面のシリアル番号:XTH00000001xx〜XTH0000960xx
(末尾「xx」は任意の英数字)

本製品はi.Linkケーブルで接続したテレビやレコーダー、STBなどのチューナーを利用して録画を行うハードディスクレコーダーだが、シャープ製のBD/HDD/DVDレコーダーに接続して使用すると、Rec-POT EXへの予約録画、直接録画が正常に行われないことがある。また番組データがRec-POT EX側へムーブされずレコーダー側の番組データも消えてしまう不都合が発生する場合があるという。

■回避手順
1.以下の操作を行った後は、必ずレコーダーの「i.LINK操作パネル」より「機器選択」を選択し、「機器使用解除」を行う
・Rec-POTメニューの表示
・Rec-POTに記録された番組の再生
・SHARP製レコーダーからRec-POTへのムーブ完了後(ムーブ時にレコーダが自動的にRec-POTを選択し、完了後も解除されないため)

2.レコーダーからRec-POTへのムーブ開始前には必ず、レコーダーの「i.LINK操作パネル」 より 「機器選択」 を選択し、「機器使用解除」を行う

なお、内部ファームウェアの修正によりこの不都合は改善されるという。対象製品の預かりなどの対応は3月上旬を予定している。

【問い合わせ先】
(株)アイ・オー・データ機器
サポートセンター
東京 TEL/03-3254-1036
金沢 TEL/076-260-3646

(Phile-web編集部)

関連リンク

関連記事