EIZO、フルHD解像度の27V/24V型液晶テレビ“FORIS.HD”を発売

2007年11月01日
(株)ナナオは、EIZOブランドの液晶テレビ“FORIS”の新シリーズとして、フルHD表示に対応した“FORIS.HD”を11月30日より発売する。サイズは27V型と24V型の2機種。詳細は以下の通り。


27V/24V型ともに「フォリスブルー」「ホワイト」をラインナップする

DT24ZD1(ホワイト)

PC用モニターとして使用したイメージ
・27V型 DT27ZD1 ¥OPEN(直販サイト価格189,000円)
・24V型 DT24ZD1 ¥OPEN(直販サイト価格168,000円)

ともに1,920×1,200ドットの液晶パネル、地上・BS・110度CSデジタルチューナーを搭載した液晶テレビ。小型、高精細を実現したことから同社は、テレビ/PC用モニター兼用ディスプレイとして訴求していくという。プロダクトデザインは、これまでのFORISシリーズ同様に川崎和男氏が担当した。なお販売は、直販サイト「EIZOダイレクト」、直営店「EIZOガレリア」に加え、全国85点のパートナーショップで行う。

本機は1,920×1,080のフルHD映像の表示に対応。パネル画素数が1,920×1,200のため、フルHDソースをドットバイドットで表示した場合は、画面上下にわずかに黒いオビが表示される。


側面にHDMI端子を用意

背面端子部

端子部のフタからはケーブルをひとまとめにして出すことができる
HDMI入力端子は、背面2、側面1の計3系統を装備。通常の1080p入力に対応するほか、1080/24p入力にも対応している。24p入力時はパネルを48Hzで駆動し、フレーム間隔を保ったまま再生を行うことができる。ほかにもD4端子、DVI-I端子などを搭載しており、AV、PCの両入力をサポートする。


スピーカーに取り付けられたディフューザー

音声再生のイメージ
スピーカー部は、デザイナー川崎氏がこだわった、斜め下向きの新開発スピーカーを採用。スピーカーから出た音をテレビ台に反射させることで、低音感を増強している。また、指向性の強い高音域を拡散させるためのディフューザーを装備。これにより、臨場感のあるサウンドを実現しているという。


スタンドとの接点を最小にしている

PinP機能で画面右上に外部入力した映像を表示しているところ

付属のリモコン
また本機は、PCモニターとして使用している際に、テレビや外部入力の映像をウィンドウ表示できる「ピクチャー・イン・ピクチャー」機能を搭載している。

付属のリモコンは、機能別にボタンをレイアウトした「FORIS.HDリモコン」を採用。他社製の各種レコーダーの基本操作にも対応したのが特徴だ。


本日同社は、記者発表会を都内で開催。(株)ナナオ 常務取締役の前田一哉氏やデザインディレクターの川崎和雄氏が出席し、製品の説明を行った。


前田常務取締役
前田氏は、「EIZOブランドは“使う人に合ったもの”をコンセプトに製品開発を行っている。現在30ヶ国で、より一層の商品力、サービス力を目指し、展開している。2003年にはFORISで液晶テレビに参入した。FORISは『扉』を意味する言葉。新モデルではTVとPCの融合進化を目指し、新しい映像の扉を開いていく」と説明した。


川崎和雄氏

同氏のデザイン理論を説明した

ピタゴラスの定理の概略
ゲストプレゼンテーターとして登壇した川崎氏は、まず“FORIS.HD”というネーミングについて説明。毒舌で有名な同氏は冒頭、「今回は過激なことは言わないつもり」としながら、「FORISに“.TV”をつけたら、直後にアップルがロゴに“.TV”をつけた製品を発売した。“.HD”については一般ユーザーにもHD対応であることを伝えるためのもの。AQUOSやBRAVIAではHD対応であることが判らない。今泊まっているホテルにも、とあるメーカーのテレビが置いてあるが、まぶしすぎるのと、画づくりの悪さで涙が出た」と、辛口コメントで会場を沸かせた。

FORIS.HDのデザインについては、「スタンドと本体の接点を最小にし、浮遊感のあるデザインを目指した」という。また、スピーカーを内蔵した直方体の部分には、ピタゴラスの定理で有名な比率“5対4対3”を取り入れており、「人間の英知の出発点といえるこの定理が、ハイビジョン時代の新しい情報の扉を形づくっている」と説明した。またスピーカーについては、「350ccという限られたエンクロージャーの容量で、いかに低域の再生を行うかという問題に突き当たった。以前、BOSEの社長に教えてもらった倍音技術をヒントに設計を行った」という。

また同氏は、“まったく新しいタイプのリモコン”の開発を進めており、来年4月頃に発売予定であると明かした。

最後に同氏は、「『今のテレビはすべて間違っている』なんてことはこの場では言えないので、個人的な講演会などで言っていきたいと思っている」と締めくくった。


また同社は、現行モデル“FORIS.TV”SCシリーズの新色として「ホワイト」モデルを11月1日より販売開始するとあわせて発表した。

32V/26V/20V型それぞれにホワイトモデルを追加



【問い合わせ先】
EIZOコンタクトセンター
TEL/0120-956-812

(Phile-web編集部)

関連リンク

新着記事を見る
  • ブランドEIZO
  • 型番DT27ZD1
  • 発売日2007年11月30日
  • 価格¥OPEN(直販サイト価格189,000円)
  • ブランドEIZO
  • 型番DT24ZD1
  • 発売日2007年11月30日
  • 価格¥OPEN(直販サイト価格168,000円)

関連記事