EIZO、PC/DVD/デジタル放送を高画質に映し出す15型液晶モニターを発売

2001年01月31日
右は本機のリモコン。4色に色分けされたボタンが見やすい
●EIZOは、個人や家庭でのパソコン/インターネット利用、DVD視聴、さらに地上波/BS デジタルハイビジョン/CS 放送受信など、多様化する映像メディアを同時接続して楽しめるデジタルメディア対応液晶ディスプレイ「GAWIN M-10(ガウィン エム・テン) 」を2001年3月1日より発売する。

本機はパソコンの画像を表示することはもちろん、DVDなどのビデオ視聴、ゲーム利用、TV(一般地上波)視聴、さらにはD端子(D1〜D4 上位互換)を装備しているので、BSデジタル/BSデジタルハイビジョン放送(チューナー接続)にも対応する。入出力部はモニターと別筐体の「インターフェース・ボックス」に収められる。モニターとインターフェース・ボックスは26ピンの専用ケーブルで接続され、映像信号・電源供給を1本のケーブルで行えるので、セットアップもすっきりと行える。

画質面にもEIZOブランドならではのこだわりが光る。鮮やかな高画質を提供するために、400cd/?という高輝度、上下左右170度の広視野角、400対1のハイコントラストを実現した高性能な液晶パネルを採用し、基本性能の向上につとめた。このパネル自体は日立製だが、生産品の中から良質なものだけを選別して使用するため、画質のよさには期待がもてそうだ。

また、プログレッシブ回路にもEIZO独自のものが使われており、注目できる。テレビ地上波放送の720×480(インターレース)信号は、1024×768画素数のノンインターレース信号に変換。2-3プルダウン機能も搭載しており、DVD映像も高画質なプログレッシブで楽しめる。なお、ハイビジョン/デジタル・ハイビジョン映像は1024×576画素数にダウンコンバートして表示する。

PC用モニターでの実績、評判は非常に高いEIZO。同社が世に問う初めての本格的AV製品である本機に、AVファイルの熱い注目が集まりそうだ。(Phile-web編集部)

関連リンク

新着記事を見る
  • ブランドEIZO
  • 型番GAWIN M-10
  • 発売日3月1日
  • 価格¥OPEN
【SPEC】
<ディスプレイ部>
●パネル:TFT液晶パネル(パネル解像度1,024×768) ●画素ピッチ:0.297mm×0.297mm ●最大表示色:1,677万色 ●最大輝度:400cd/? ●コントラスト比:400対1 ●視野角:水平170 度、垂直170度 ●外形寸法:500W×372H×156Dmm ●質量:5.5kg
<コントロールユニット>
●PC入力端子:映像D-Sub15 ピン(ミニ)、アナログRGB、ステレオミニジャック ●AV入力端子:S端子2、D端子(D1〜D4)2、音声ピンジャック(R/L) ●テレビ入力端子:アンテナ端子 ●出力端子:26 ピン専用コネクタ(ディスプレイと接続) 、音声出力ステレオミニジャック ●消費電力:60W ●外形寸法:73.4W×205H×200Dmm ●質量:2.0kg

関連記事