ソニー、SXRD採用の“ブラビア”プロジェクター「VPL-VW60」発売 − コントラスト比は35,000対1

2007年08月21日
ソニーは、SXRDパネルを搭載したホームシアタープロジェクター「VPL-VW60」を9月20日に発売する。価格は441,000円(税込)。液晶プロジェクター「VPL-AW15」と同様に、BRAVIAブランドを冠する。


VPL-VW60
本機は、ソニー独自の総画素数約622万画素0.61型のフルHD対応SXRDパネルを採用。入力信号の輝度レベルに応じて絞りを無段階に開閉する「アドバンスト・アイリス2」、ランプから光学ユニットを経由して送られてくる光の方向を整える「ハイコントラストプレート」の組み合わせにより、35,000対1という高コントラスト比を実現。明るい映像の表現力や、暗いシーンでの濃密な黒の表現を可能にした。

また本機は、同社がビデオプロジェクター用に開発したフルデジタルの高画質回路“ブラビアエンジン”を搭載。色鮮やかで深みのある映像表現を可能にするとともに、ダイナミックレンジやシャープネスの調整範囲を拡大させているという。

本体天面にはBRAVIAのロゴを刻印

ランプには上位機種に搭載しているキセノンランプの色再現性に近づけたという200Wの「高圧水銀ランプ」を採用。独自の光学エンジンによる光の高出力化と合わせて、より明るい映像を実現している。

投射レンズには1,920×1,080ピクセル画素のフルHD映像を高解像度に再現可能な大口径レンズ“ARC-F(オールレンジクリスプフォーカス)レンズ”を採用。画面のすみずみまでキレのある映像を実現するという。アルミの鏡筒にガラスレンズを収納し、全レンズに前面マルチ反射防止処理コーティングを採用することにより、高い解像度を実現している。100型ワイド画面で、約3.1〜5.3mの投射範囲をカバーでき、設置環境にあった投写が可能となっている。投影スクリーンサイズは40型から300型まで対応する。

ランプ等の放熱に使用する独自の低ノイズファン、その他の駆動振動を抑えるラバーブッシュ素材を見直し、空冷エアーダクト構造を採用することで、ファンノイズを約22dBまで低減させるなど、静音設計にも力が入れられている。


左側側面の接続端子部
接続端子にはHDMI入力を2系統装備。コンポジット、S端子、コンポーネント、アナログRGBやPC接続用のD-sub 15ピン入力端子もそれぞれ1系統ずつ備える。HDMIはCEC機能も採用しており、接続された再生機器やAVアンプとの連係操作も実現している。また24p信号の入力にも対応した。


本機のリモコン

リモコンのバックライト点灯時
リモコンはシャープネスや明るさ、コントラストなどを直接調整できるダイレクトキーを配置したほか、バックライト機能を備えるなど、操作性を高めている。本体色はブラックパール。曲線を意識したデザインは先に発売されている「VPL-VW50」を継承している。

【問い合わせ先】
ソニーマーケティング(株)お客様ご相談センター
TEL/0570-00-3311

(Phile-web編集部)
新着記事を見る
  • ブランドSONY
  • 型番VPL-VW60
  • 発売日2007年9月20日
  • 価格¥441,000(税込)
【SPEC】●パネル:0.61型SXRD ●光源用ランプ:200W 高圧水銀ランプ ●レンズ:1.8倍ズームレンズ(電動)f18.7〜33.7mm/F2.54〜3.53 ●投射サイズ:40〜300型 ●輝度:最大1,000ルーメン ●コントラスト比:35,000対1 ●映像入力:コンポジット映像×1、S映像×1、コンポーネント×1、D-sub 15ピン×1、HDMI×2、RS-232C×1 ●ファンノイズ:約22dB ●消費電力:最大300W ●外形寸法:395W×174H×471Dmm ●質量:約11g

関連記事