エソテリック、VRDS-NEOや映像系を強化したユニバーサルプレーヤー最上位機を発売

2007年05月29日

UX-1Pi
(株)ティアック エソテリック カンパニーは、同社ユニバーサルプレーヤーの新たなフラグシップモデルとなる「UX-1Pi」を6月上旬に発売する。価格は税込で1,470,000円。

本機ではユニバーサルプレーヤー「UX-1 Limited」に採用されたVRDS-NEOメカニズムをさらに強化して搭載。スピンドル軸受け部にはVRDS-NEOメカニズム専用に高精度加工された新開発のセラミック・ボールベアリングを採用し、低速から高速まで、滑らかかつ高精度な回転制御を実現している。またトレー収納時にはシャッターが閉まり、シャッター自体がフロントパネルにメカニカルにロックされる機構を採用したことにより、機密性を高め、外部からの音圧や振動による音質への影響を回避させている。


本機のフロントパネル
映像系のグレードアップも本機の大きな特徴だ。アナログ系のビデオDACには、アナログ・デバイセズ社製の14bit/216MHzビデオDAC「ADV7324」を採用。デジタル系にはアンカーベイ・テクノロジー社製の最新LSI「ABT1018」スケーラーを、I/Pコンバーターにはジェネシス社製の「FLI2310」をそれぞれ使って高画質化を図っている。


本機の背面パネル

本機のリモコン
搭載するHDMI端子は1080pまでの映像出力が可能で、バージョンは1.3対応としている。なお、同端子からSACDのDSD信号をビットストリーム出力することはできない。

映像系にはコンポーネント出力、D1/D2映像出力、S映像出力やコンポジット映像出力が揃う。今回HDMI端子が設けられたことにより、DVI出力は省略された。その他、音声系では独自開発のIEEE1394(i.Link)回路はフローレートコントロールに対応し、他の対応機器と組み合わせてSACDをデジタル伝送して高品位なサラウンド再生が楽しめる。機器制御用のRS-232C端子も搭載された。

なお、UX-1とUX-1 Limited、およびバージョンアップ済みのUX-1を所有するユーザーについては、UX-1Piと同等のHDMI ver.1.3へのバージョンアップサービスを210,000円(税込)で受けることができる。

【問い合わせ先】
(株)ティアック エソテリック カンパニー AVお客様相談室
TEL/0570-000-701

(Phile-web編集部)
新着記事を見る
  • ブランドESOTERIC
  • 型番UX-1Pi
  • 発売日2007年6月上旬
  • 価格¥1,470,000(税込)
【SPEC】●再生可能ディスク:スーパーオーディオCD/CD、DVDオーディオ/ DVDビデオ/ビデオCD/DVD-R/DVD-RW ●映像出力:HDMI端子(Ver1.3)×1、S1/S2端子×1、コンポジット×1、RCAコンポーネント×1、D1/D2×端子1 ●音声出力:RCA1系統(5.1ch)×1、XLR1系統(2ch)×1、光デジタル×1、同軸デジタル×1、i.Link×1(6ピン) ●その他端子:RS-232C端子1 ●ワードシンク入力:BNC×1 ●消費電力:40W ●最大外形寸法:442W×153H×353Dmm (突起部含む) ●質量:24kg

関連記事