Apple、英EMIの楽曲をDRM無しで配信 − 全世界で5月から

2007年04月03日
米Appleは現地時間の4月2日、iTunes Storeにおいて、英EMI Musicの全デジタル楽曲を著作権管理技術(DRM)無しで販売すると発表した。配信開始は5月で、対象は全世界に及ぶ。

DRM無しの楽曲はこれまでより高いビットレートである、256kbpsのAACでエンコードされる。配信価格は1曲あたり1.29ドル。

同時に、これまでEMIのDRM付き楽曲を購入したユーザーに向け、1曲あたり30セントで、DRM無しの楽曲にアップグレードできるサービスも提供する。

また、これまで通り、128kbpsでDRM付きのバージョンも販売を継続。価格は従来通り、1曲あたり99セントとなる。

Apple CEOのスティーブ・ジョブズ氏は、「我々の顧客はこれを喜んでくれるだろう。年末までにDRM無しの楽曲が半数を超えることを期待している」とコメントしている。

また、EMIグループ CEOのエリック・ニコリ氏は、「EMIとiTunesは、オリジナル録音とほとんど区別が付かないほどのハイクオリティーな楽曲を、DRMの制約無しに提供することで、再びデジタル音楽産業を前進させようとしている」と述べている。

これまでiTunes Storeで提供される楽曲には、「FairPlay」というApple独自のDRMが付与されていた。このため、iTunes Storeで購入した楽曲は、iPodでしか再生することができなかった。今回発表されたDRM無し楽曲をダウンロードした場合、ソニーなど、他社製のデジタルオーディオプレーヤーでも再生することができるようになる。

スティーブ・ジョブズ氏は今年2月、大手レコード会社に対し、「4大レコード会社は、オンライン販売する楽曲はDRMで保護しているが、その一方でまったくコピー保護を行っていないCDソフトを年間数十億枚販売している」などと、DRM廃止を訴えていた(関連ニュース)。

(Phile-web編集部)

関連記事