東芝、小型ながら高画質にこだわった20V型“REGZA”を発売 ― 「新メタブレイン・プロ」などを搭載

2007年01月10日

20C2000
(株)東芝は、液晶テレビ“REGZA”のエントリーモデル「C2000」シリーズの新モデルとして、20V型の「20C2000」を2月1日に発売する。価格はオープンだが110,000円前後での販売が予想される。

本機は解像度1,366×768ドットのIPSパネルを採用した液晶テレビ。視野角は上下左右178度で、地上/BS/110度CSデジタルチューナーをそれぞれ1基ずつ搭載している。

レグザの最上位機「Z200」シリーズと同じ映像処理回路「新メタブレイン・プロ」に加え、「質感リアライザー」「魔方陣アルゴリズム・プロ」などを搭載。20V型と小型ながら、高画質にこだわった設計となっている。また、デジタルアンプと4×12cmのスピーカーを2基搭載しており、明瞭でダイナミックな音声を再現するという。

その他、HDMI×2、D4×1、光デジタル音声出力×1、LAN×1など多彩なインターフェースを備えている。

本体はつや消しブラックに全面微細穴を配した「ミニマルディンプルフォルム」を採用し、シンプルで高級感ある仕上がりとなっている。ボタンの数字表記を大型化し、さらに黒字に白文字とコントラストを高めることで、暗い場所での視認性を向上させた「レグザリモコン」も付属する。

【問い合わせ先】
(株)東芝
テレビ事業部・TV国内営業部
TEL/03-3457-8344

(Phile-web編集部)
新着記事を見る
  • ブランドTOSHIBA
  • 型番20C2000
  • 発売日2007年2月1日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格110,000円前後)
【SPEC】●画面サイズ:20V型 ●パネル解像度:1,366×768 ●内蔵チューナー:地上デジタル1、地上アナログ1、BS/110度CSデジタル1 ●入出力端子:HDMI入力端子2、D4入力端子2、S2映像入力1、ビデオ入力3、光デジタル出力1、HDMI用アナログ音声入力1、LAN端子1、デジタル放送録画出力端子、オーディオ出力端子ほか ●消費電力:396W ●外形寸法(スタンド含む):51.6W×40.5H×25.1Dmm ●質量(スタンド含む):8.9kg

関連記事