米アップル、「iTunes 7」を公開 − VGA解像度の映画をダウンロード販売

2006年09月13日

「iTunes 7」。映画のダウンロード販売を開始した
米Appleは、音楽/映像管理ソフト“iTunes”の最新版「iTunes 7」を公開した。対応OSはWindows 2000/XPとMac OS X 10.3.9以降。

iTunes 7では、ディズニーやピクサー、タッチストーン、ミラマックスの映画のダウンロードが可能になった。「パイレーツ・オブ・カリビアン」や「Mr.インクレディブル」、「トイ・ストーリー」などの人気作を含む75作品が用意される。

ただし、既にアメリカで開始しているテレビ番組のダウンロードと同様、映画のダウンロードも米国内に限られる。ダウンロード価格は新作が14.99ドル(ただし事前予約した場合と発売後1週間は12.99ドル)、ディズニーの旧作映画が9.99ドルから14.99ドルとなる。

解像度はこれまで販売していた動画の320×240ドットから、640×480ドットに向上。ダウンロードした映像はPCとiPodで再生できる。また、発表資料では、映像をテレビで楽しむための製品を近々リリースするとしている。詳細は明らかにされていないが、「iTV」というプロジェクトネームが付けられているという。

またiTunes 7では、新たなGUIが採用された。“Cover Flow”という新機能では、アルバムや映画のジャケット画像を3D表示し、スライダーを動かすと高速で画像がアニメーションする。あたかもCDラックでタイトルを選ぶような操作が行える。ジャケットをクリックすると再生がはじまる。

ジャケットアートを3D風に表示する“Cover Flow”機能を装備

iTunes Store

CDのジャケットは、これまでは手動で画像を貼り付けていたが、iTunes 7では自動的にダウンロードされるよう改良された。

また、iTunes Store(従来のiTunes Music Storeから改称されたようだ)では、iPodで楽しめるゲームの販売も開始。コラムス風の「Bejeweled」や、テトリス、パックマン、麻雀などのタイトルが用意され、各4.99ドルで販売される。

iTunes 7の詳細は後ほど追ってお伝えする。

(Phile-web編集部)

関連記事