<IFA2006レポート:ソニー・エリクソン>“サイバーショット”ケータイを発表

2006年09月06日
ソニー・エリクソンのブースには今年の秋からドイツをはじめ、欧州各地域に発売される携帯電話の新製品が集められた。“サイバーショット”、“ウォークマン”など、ソニーの人気商品のブランド名を冠したマルチメディア対応の携帯電話が登場した。

■“電話機能付”デジタルカメラ「Cyber-shot Handy」


Cyber-shot Handyの愛称が付けられた携帯電話「K800i」

音楽や動画の再生も楽しめる

メモリースティックMicroスロットを設ける
ソニー・エリクソンブランドから今秋に欧州で発売予定の「K800i」は、ソニーの人気デジタルカメラ“Cyber-shot”のブランド名を冠している。オートフォーカス機能付の3.2メガピクセルカメラを搭載する。4倍までのデジタルズームが可能だ。本体には外部記録媒体として採用するメモリースティックMicroの挿入スロットを設けている。写真撮影のほか、音楽再生や動画再生も楽しめる。

■“音楽ケータイ”「Walkman Handy」

日本国内でもauから発売されたWalkmanブランドのソニー製携帯電話が人気だが、ドイツをはじめ欧州にも様々な種類の、音楽機能を充実させたWalkman携帯電話が発売される。各機種ともにオリジナルの再生アプリケーションソフト「Walkman Player」を採用し、直感的な操作を可能にしている。


スライダーデザイン採用の「W850i」

メモリースティックPRO Duoに対応するスロットを搭載
「W850i」はスライダーデザインを採用するWalkman携帯電話。1GBまでのメモリースティックPRO Duoに対応するスロットを搭載する。本体色は質感のあるブラック。「PlayNow」と呼ばれる楽曲ダウンロードサービスに対応している。


「W950i」は側面に本体の操作を行うジョグダイヤルを配置する
「W950i」は4GBのフラッシュメモリーを内蔵するスクウェアデザインのWalkman携帯電話。本体液晶部はタッチスクリーンパネルとしたほか、側面に設けられたジョグダイヤルでスムーズな操作が可能だ。


折りたたみタイプの「W710i」

メモリースティックMicro用スロットを搭載
「W710i」は折りたたみスタイルのWalkman携帯電話。512MBまでのメモリースティックMicroに対応するスロットを搭載したほか、2.0メガピクセルカメラを内蔵する。


Walkman携帯電話専用ポータブルスピーカー

別売のインナーイヤーホン
なお、Walkman携帯電話シリーズの専用アクセサリーとして、ポータブルスピーカーやインナーイヤータイプのヘッドセットなども同時発売される。


通話機能付多機能情報端末「M600i」
「M600i」はSymbian OSを採用した通話機能付の多機能携帯電話。240×320ピクセルのタッチパネル液晶を搭載し、MP3やWMAファイル等音楽ファイルの再生やメール機能が楽しめる。音楽ダウンロード用のアプリケーションも内蔵。本体にはメモリースティックMicro用スロットを設ける。

(Phile-web編集部・山本)

[IFA2006REPORT]

関連記事