シャープら3社、Windows搭載の新世代PHS“W-ZERO3”を開発 〜 12月に発売

2005年10月20日

シャープ松本氏/ウィルコム八剱氏/マイクロソフト ヒューストン氏

“W-ZERO3”「WS003SH」

スライド式のキーボードを装備
(株)ウィルコムは、マイクロソフト(株)のモバイル端末向けOS、Microsoft Windows Mobile 5.0を搭載したシャープ(株)製のPHS“W-ZERO3”(ダブリューゼロスリー)「WS003SH」を12月上旬より発売する。価格はオープンだが5万円を切る価格で販売される見込みだ。


ウィルコムの八剱代表取締役社長
WS003SHは、3.7型VGA(640×480ドット)高精細モバイルASV液晶を搭載し、インターネットのフルブラウジングにも対応。PHSによるデータ通信に加え、無線LAN機能も搭載しており、場所や用途に応じて通信手段を使い分けることが可能だ。

本日都内で本製品の発表記者会見が行われ、多くの報道関係者が集まった。発表会にはウィルコムの代表取締役社長 八剱洋一郎氏、シャープの代表取締役専務 情報通信事業統括 松本雅史氏、マイクロソフトの代表執行役 社長 ダレン・ヒューストン氏らが出席した。

“W-ZERO3”は、WILLCOM/WINDOWS/WIRELESSの“W”、携帯やPCを超えゼロから創る世界の“ZERO”、第3のコミュニケーションツールの“3”からなる言葉である、と説明するのは八剱氏。ケータイとPCの特長を持ち合わせた、まったく新しいコミュニケーションツールとしてアピールする。

ハイエンドPCユーザーのセカンドPCとして、またPDAからの乗り換え用、さらにはケータイに多機能を希求するユーザーをターゲットに考えると、「450万台近いマーケットがある」と八剱氏は語る。

ケータイとPCのメリットを融合

“W-ZERO3”の位置づけ

シャープの強みを活用

WS003SHは、Windows Mobile 5.0を搭載することでInternet Explorer Mobileによるウェブブラウジングのほか、PCで作成したExcel、Wordなどのデータ編集、Power Point、PDFのデータの閲覧などが可能。スライド式のキーボードを備え、メール作成もPCライクに行うことができる。

また本機は、133万画素クラスのデジタルカメラを搭載し、静止画/動画の撮影が可能。さらに、「Windows Media Player 10 Mobile for Pocket PC」を搭載しており、映像・音楽の再生も行うことが可能だ。電子書籍のビューワーやゲーム機能も搭載した。


基本機能

データ・通話とも定額制を採用
PCとのデータのやりとりはメール添付や無線LANに加え、USB接続やminiSDカードでも行うことが可能だ。

八剱氏は音声・データ双方に用意した定額制の料金プランによる優位性を強調し、本機を「ケータイの機動性とPCの高性能を併せ持つ新世代ツール」であるとアピールした。


(Phile-web編集部)
新着記事を見る
  • ブランドSHARP
  • 型番“W-ZERO3”WS003SH
  • 発売日2005年12月上旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格5万円未満)
【SPEC】●OS:Microsoft Windows Mobile 5.0 for Pocket PC ●CPU:インテル PXA270 プロセッサ 416MHz ●メモリー:Flash 128MB(本体システム領域等含む) / SDRAM 64MB(ワークエリア) ●表示:640×480ドット、3.7型 65,536色 モバイルASV液晶 ●質量:約220g(タッチペン、充電池含む) ●外形寸法:幅約70mm×高さ約130mm×厚さ約26mm(キーボード収納時、突起部除く) ●接続端子:USBポート(mini B)、ヘッドセット端子(平型) ●カードスロット:mini SDカードスロット、W-SIMスロット ●連続待受時間:約200時間(電波状態ランプ消灯時) ●連続通話時間:約5時間

関連記事