東芝、液晶テレビ「beautiful “face”LZ150シリーズ」のDLNA対応を発表

2005年04月18日
(株)東芝は、現在発売中の地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ「beautiful “face”LZ150シリーズ」の2機種について、「DLNA(Digital Living Network Alliance)ガイドライン対応」機器に録画されたコンテンツや同機器で受信したコンテンツをLZ150シリーズで視聴できる機能を追加するアップグレードサービスを6月下旬から開始するとした。

対象となる機種は下記の2モデルである。


37LZ150

32LZ150
■東芝
地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ
液晶 beautiful“face” 「37LZ150」「32LZ150」

「DLNAガイドライン対応」機器にはコンテンツを送り出すサーバー機器とコンテンツを再生するプレーヤー機器がある。同社は相互接続性を実現するため、DLNAが制定した「Home Networked Device Interoperability Guidelines v1.0」に基づきファームウェアを設計し、D2Gテストイベントに合格したという。

今回のアップグレードにより実現される機能としては、「DLNAガイドライン対応」機器に録画されたコンテンツや同機器で受信したコンテンツをLZ150シリーズで視聴できるようになる。LZ150シリーズで視聴できるコンテンツとしてはMPEG2(VRフォーマット)の映像と、それに付随するリニアPCM、AC3、MPEG1音声、JPEG静止画などがある。ホームネットワーク内の機器として、同一のルーター下に接続されプライベートIPアドレスを使用している機器どうしが接続範囲の対象となる。

本機能の追加は、同社の専用サーバーからインターネット経由、またはBSデジタル/地上デジタル放送の放送波を利用してソフトウェアをダウンロードする形式で行われる。アップグレードに関する費用は無料。なおソフトウェアは、BSデジタル/地上デジタル放送の放送波経由で送られてくるので、地上アナログ放送のみを視聴している場合は放送波からのダウンロードは不可となる。

サービスの詳細については、下記の同社ホームページを参照いただきたい。

【サービスについての問い合わせ先】
(株)東芝
映像営業事業部 TV国内営業部
TEL/03-3457-8344

【ダウンロードに問い合わせ先】
東芝家電ご相談センター
TEL/0120-1048-86

関連記事