フジフイルム、ISO1600実現の超高感度モデルなど“FinePix”4モデルを発売

2005年02月15日
富士写真フイルム(株)は、デジタルスチルカメラ“FinePix”の新製品として、有効画素数630万画素以上のコンパクトデジタルカメラでは世界で初めて、最高感度ISO1600を実現した「FinePix F10」など4モデルを3月より順次発売する。


FinePix F10
FinePix F10」\OPEN(予想実売価格5万円前後)3月発売

新開発「スーパーCCD ハニカムV HR」と「リアルフォトエンジン」の搭載により、有効画素数630万画素の高画質で最高感度ISO1600を実現。高感度撮影がカメラまかせで簡単にできる「ナチュラルフォトモード」を使うことで、室内や暗いシーンでもフラッシュを使わずに、ノイズやブレの少ない写真撮影が可能となる。液晶モニターには、約11.5万画素の2.5型の大型液晶を採用。レンズには光学式3倍ズームレンズを搭載した。



FinePix Z1 シルバー

FinePix Z1 ブラック、ブルー、レッド
FinePix Z1」\OPEN(予想実売価格4.5万円前後)5月発売

「シルバー」「ブラック」「ブルー」「レッド」の4色カラーバリエーションを用意した薄型モデル。F10同様に「スーパーCCD ハニカムV HR」と「リアルフォトエンジン」を搭載。有効画素数は512万画素で最高感度ISO800を実現している。液晶モニターは約11.5万画素の2.5型で、キズつきにくい強化ガラスを使用している。



FinePix A345

FinePix A350
FinePix A345」\OPEN(予想実売価格2万円前後)3月発売
FinePix A350」\OPEN(予想実売価格3万円前後)3月発売

有効画素数はA345が410万画素、A350が520万画素で、ともに光学3倍ズームレンズを搭載した。撮影時や再生時に使用するボタンやレバーを、カメラを持った状態で片手でも親指で簡単に操作できるよう設計されており、初心者にも気軽に扱うことが可能だ。液晶モニターは約11.5万画素の1.7型を採用した。

【問い合わせ先】
お客様コミュニケーションセンター
TEL/03-3406-2982

(Phile-web編集部)
新着記事を見る
  • ブランドFUJIFILM
  • 型番FinePix F10
  • 発売日2005年3月
  • 価格\OPEN(予想実売価格5万円前後)
  • ブランドFUJIFILM
  • 型番FinePix Z1
  • 発売日2005年5月
  • 価格\OPEN(予想実売価格4.5万円前後)
  • ブランドFUJIFILM
  • 型番FinePix A345
  • 発売日2005年3月
  • 価格\OPEN(予想実売価格2万円前後)
  • ブランドFUJIFILM
  • 型番FinePix A350
  • 発売日2005年3月
  • 価格\OPEN(予想実売価格3万円前後)

関連記事