エソテリックからSACDプレーヤー「X-03」/ユニバーサルプレーヤー「UX-3」登場

2004年11月15日
●(株)ティアックエソテリックカンパニーは、SACD/CDプレーヤー「X-03」とユニバーサルプレーヤー「UX-3」を2005年1月初旬より発売する。「X-03」は682,500円、「UX-3」は735,000円。

X-03

UX-3

両機は、昨年発売したSACD/CDプレーヤー「X-01」、ユニバーサルプレーヤー「UX-1」の基本機能を踏襲しながら、アナログ音声出力を2chに特化し、マルチチャンネル出力はi.Linkで対応させたハイコストパフォーマンスモデルだ。

両機のオーディオ出力は、UX-1と同じ設計を採用している。D/Aコンバーターの電源部には専用のトランスを用意し、メカニズム及びデジタル回路部からのノイズ飛び込みなどを排除。音声信号をピュアに保つ構成を採用した。DACチップには、音質的理由からバーブラウン製24ビットD/Aコンバーター・PCM1704を採用。フロントL/R各チャンネルあたり2チップとする差動構成としている。

UX-3のビデオ回路もUX-1の設計を踏襲。IP変換ICはファロージャ製で、ビデオDACにはアナログデバイセス社の216MHz/14ビット「ADV7314」を採用した。

同社独自の「VRDS-NEO」メカニズムは、基本構成をそのままに、素材が一部見直されている。ターンテーブルは、X-01/UX-1のマグネシウムからジュラルミンに変更されている。ブリッジ部は、素材に関してはX-01/UX-1と同じSS400スチールだが、厚みを20mmから10mmに変更した。ピックアップベースは、X-01/UX-1はアルミ削り出しだったが、新製品ではアルミダイキャストとなった。

VRDS-NEOメカニズム

さらに筐体素材の天板・側板はX-01/UX-1のアルミ素材から、音質にも配慮した1.6mm厚のスチール製ボンネットに変更した。

高性能DACをフルに生かす高精度クロック、外部マスタークロック・ジェネレーター(G-0sルビジウム搭載モデル/G-0 高精度水晶搭載モデル)とのWORD SYNC機能などは受け継いでいる。

VRDS-NEOメカニズムを低価格で導入できるお買い得モデルとして注目したい。

【問い合わせ先】
AVお客様相談室
TEL/0570-000-701

(Phile-web編集部)

関連リンク

新着記事を見る
  • ブランドESOTERIC
  • 型番上記参照
  • 発売日2005年1月初旬
  • 価格上記参照
【SPEC】
<X-03>●再生可能ディスク:SACD/CD/CD-R/CD-RW ●音声出力:RCA1系統(2ch)1、XLR1系統(2ch)1、光デジタル1、同軸デジタル1、i.Link1 ●ワードシンク入力:BNC1 ●消費電力:35W ●最大外形寸法:442W×153H×353Dmm(突起部含む) ●質量:23.5kg

<UX-3>●再生可能ディスク:DVDビデオ、DVDオーディオ、SACD、CD、CD-R、CD-RW、ビデオCD、DVD-R、DVD-RW ●映像出力:DVI端子1、S1/S2端子1、ビデオ1、コンポーネント1、D1/D2端子1 ● ●音声出力:RCA1系統(2ch)1、XLR1系統(2ch)1、光デジタル1、同軸デジタル1、i.Link1 ●ワードシンク入力:BNC1 ●消費電力:36W ●最大外形寸法:442W×153H×353Dmm(突起部含む) ●質量:23.5kg

関連記事