≪CEATEC 2003≫ルネサス テクノロジの5.1chデジタルアンプ用チップ/ROHMの有機ELディスプレイ

2003年10月07日
ルネサス ブース/ROHMブース
●CEATEC JAPAN 2003の電子部品・デバイス&装置ステージからレポートして行こう。

ルネサス テクノロジのブースでは、5.1chマルチシステムデジタルアンプ対応のチップを配した基盤が展示されている。従来は異なり、1メガヘルツ程度の高周波を使ったシステムが実現されているためラジエーターが不要なものであり、製品の小型化が実現できる。また、スピーカーへの最終出力まですべてデジタル処理を実現している。

また、同ブースではHDDオーディオソリューションとして、イーサネットを使用して親機、子機でのオーディオ再生を可能とするシステムも展示されている。

ROHMのブースでは、有機ELの320RGB×120dotsフルカラー対応ディスプレイが参考出品されている。ミニコンポやDVDレコーダーのディスプレイ、パーソナルテレビなどへの応用が実用例として展示されている。
[ceatec2003report]

(Phile-web編集部)

関連記事