ムラタ、高周波帯広帯域ノイズ対策用のチップ積層フェライトビーズを開発

2003年05月09日
チップ積層フェライトビーズ「BLM18GG」
●(株)村田製作所は、100MHz〜6GHzまでの高周波帯までのノイズ除去効果が優れた、チップ積層フェライトビーズ「BLM18GG」を開発した。

本製品は、高周波特性を阻害する浮遊容量を従来の1/10以下にし、1GHz以上の帯域での高インピーダンス特性を実現。100MHz〜6GHz帯に及ぶ広帯域でのノイズ除去が可能となった。無負荷時と通電時のインピーダンス特性の差が小さいのでノイズ対策を容易に行うことができる。大きさは1.6×0.8×0.8mm(1608)という小型サイズを実現している。

(Phile-web編集部)

関連記事