ポスターから音が出る、特許技術のスピーカー登場

2001年12月07日
組み合わせてさまざまな使用が可能な平面スピーカー
●ITEM-16より、「ポスターから音が出る」特許技術のスピーカーが『Poster Sound』が登場した。このスピーカーは、壁かけやスタンド設置の立て掛けなどさまざまな方法で空間演出できるもの。ポスター部分は簡単に差し換えることができる。スピーカーとしては、伸びやかな音の広がりを堪能できるものである。

『Poster Sound』は、キャビネットをもたず、周囲360度に音の放射ができるバイポーラー特性によるスピーカー。能率を極限まで引き出せ、音の拡散性にすぐれ、どこで聴いても同じ音量感が得られる、とされる。

『Poster Sound』は、W330×H430×D20mmの平らなサウンドエンジンをポスターフレームの背面に設置する構造。オーディオ機器につないだスピーカーケーブルをサウンドエンジンのケーブルにジョイントするだけで、心地よい音を再生してくれる。

尚、『Poster Sound』は組み合わせも自在で、1枚でも複数枚での組み合わせでも使用可能。さらに、フレームを立体的に組み合わせた Triangle(三角タイプ)、Box(四角タイプ)、Polygon(多角形)といったタイプも提案されている。

平面型スピーカーと言うと、NXTがもつ特許技術を応用したオーセンティックやTDKの製品などがあげられる。本製品『Poster Sound』も、さまざまな使用法が期待できる製品である。(Phile-web編集部)

●問合せ先
ITEM-16 TEL:0493-54-2662
新着記事を見る
  • ブランドITEM-16
  • 型番PSW-20
  • 発売日2001年12月20日予約受付開始
  • 価格ネット特別価格\28,000
【SPEC】●外形寸法:W330×H430mm、厚み20mm+/-0.5 ●対応フレームサイズ:A2,A1,A0,B4,B3,B2,B1,B0,無限 ●付属フレームサイズ:B2(W515mm×728mm) ●付属フレーム材質:アルミ材 ●付属フレーム色:金又は銀 ●設置方法:吊り又はスタンド ●周波数特性:200Hz~11kHz ●最大入力:最大20W ●能率:79db +/-2db ●接続:4~8Ω ●質量:250g

関連記事